保険サポートガイド

保険で損したくない、保険金を受け取りたいみなさまへ。

保険金請求(書類・受取人・約款など)

泣きっ面に蜂!夫が若い女性と駆け落ち、がん宣告と負の連鎖!!

投稿日:

3組に1組は離婚しているといわれる現代の日本。

友人・知人でも離婚者が増え、ゲス不倫・熟年離婚という言葉が一般的になるなど、もはや対岸の火事とは言えず、誰しも明日は我が身かもしれません。

結婚は勢いやタイミング、離婚は気合や根性と、結婚よりも離婚のほうが心理的ににも肉体的にも大きく疲弊してしまします。

特に子供がいる場合は、親権や養育費の問題など、決めなければならない条件が山積みであり、婚姻期間中に加入した保険まで手が回らず、そのままになっている人が少なからずいらっしゃいます。

今回の主人公は、45歳女性のKさん。

28歳で同い年の会社員の男性と結婚。1男1女をもうけ、長らく専業主婦として家庭を支えてきました。

夫は若いころから女性にだらしなく、子供が産まれてからもKさんの目を盗んでは、ちょくちょく女性遊びをしておりました。

浮気がばれるたびに、”もうしない。愛しているのはお前だけだ”など、Kさんのもとに帰ってくる夫を、Kさんは子供のためと我慢し、許していたのです。

しかし、綱渡りだった結婚生活もついに破たんの日を迎えます。

夫は20歳も年下の部下に夢中になり、Kさんに別れて欲しいと切り出してきたのです。

思春期を迎えた子供もいて離婚だけは避けたかったKさんは、なんとか夫に離婚を思いとどまらせようとしましたが、夫は頑として応じませんでした。

離婚問題は平行線のまま、業を煮やした夫は女性と駆け落ちしてしまい、一切連絡が取れなくなってしまいました。

夫が去ってからスーパーのパート収入で必死に生活していたKさんに、さらなる悲劇が襲いかかります。

疲労感や倦怠感に悩ませれていたKさんは、不正出血が止まらないことを機に、病院へ行きました。

悪いことは重なるもので、精密検査の結果、「子宮体がん」と診断されました。

一瞬目の前が真っ暗になったKさんでしたが、子供たちのためにも、がんに打ち勝つことを決意し、懸命に治療に励みました。

不幸中の幸いにも、Kさんはがん保険に加入していたので、治療費は何とかなると思っていました。

入院、手術が済み、無事に退院できたKさん。放射線治療の開始前に、がん保険の請求をすることにしました。

Kさんが保険会社に電話したところ、”がん保険の受取人が夫になっているので、夫から請求してください”と回答がありました。

Kさんは、”夫とは音信不通で連絡が取れない。何とかしてほしい”と訴えましたが、保険会社からは”請求権者は夫なので支払には応じられない”との一点張りです。

Kさんにとって衝撃的な回答でした。Kさんががん保険を受け取る方法はないのでしょうか。

結論として、まことに残念ながら、Kさんは保険金を一円も受け取れません。

心情的にKさんの窮地は理解できますが、”二重支払のリスク”がある以上、保険会社としてはお支払いができないのです。

一刻も早く、Kさんががん保険を受け取るためには、駆け落ちした夫と連絡を取り、夫から請求してもらう方法しか残されていませんでした。

Kさんは四方八方手を尽くして必死に夫の行方を捜し、夫にがん保険の請求をしてもらうことができました。

ところが、駆け落ち後若い女性との生活費に困っていた夫は、受け取ったがん保険を一切Kさんに渡さず、またもや雲隠れしてしまいました。

結局、Kさんはがん保険を受け取ることができず、生活費を切り詰めながら、闘病生活にあたることになりました。

現在では、本人へのがん告知が一般的であり、がん保険の受取人も本人としている方がほとんどです。

一昔前ですと、がんは不治の病と考えられており、患者本人へは病名告知をしないのが一般的でした。

その影響で、がん保険の受取人を本人以外に指定している契約が当たり前でした。

Kさんの夫のようなロクデナシは珍しいかもしれません。

しかしながら、明日は我が身と思わざるを得ないのが現代の日本です。

がん保険の受取人が本人以外の方は、夫婦関係が円満なうちに、配偶者からご自身へ契約者・受取人の変更をしておかれることをおすすめします。

「どの保険に加入するか」より、「誰から加入するか」が大切な理由

生命保険各社は、2018年4月に保険料を改定しています。

平均余命が伸びたことにより、死亡する可能性が低下し、保険料が平均10%超も安くなりました。

これまでの保険料10,000円とすると、約9,000円・1000円安くなります。1年間では1,000円×12か月=12,000円も、お得になる可能性が高いです。

生命保険は年齢とともに保険料が高くなるものですが、今回の保険料改定により、年齢が上がっていたとしても保険料は下がるケースが多いです。

もし、長年付き合っている保険担当者が、保険見直しの話をしてこないのなら、職務怠慢&質の高くない可能性があります。

保険担当者が保険見直しの話をしない主な理由は、保険契約後2年(長い会社では3年)以内に新しい保険に切り替えても、手数料が出ない(成績にならない)からです。

契約者にとって保障内容が同じで保険料が安くなることはあっても、保険担当者にとっては1円にもならず何の得もないからです。

保険に入るときだけいい顔をして、その後は知らんぷりっていう保険担当者が、まだまだ少なくないのが現実ですね。

病気であれば仕方ありませんが、健康状態に問題がないのにもかかわらず、メリットがある話さえしてこないのは、お客様として軽く扱われているかもしれません。

最適な保険に加入するには、「プロ意識の高い、専門家に相談すること」が近道です。

保険で損をしたくない、保険金を受け取りたいみなさまへ。

支払担当者が厳選した、「保険&専門家えらびに最適な3つのサイト」をご紹介いたします。

【来店相談】全国1,200店舗の保険ショップから30秒で来店予約

LIFULL保険相談
  • 複数の保険会社から、最適な保険を選べる
  • 家計節約、教育・老後など資金準備・資産運用の相談もOK
  • 予約によりデータが管理され、しつこい勧誘、押し売りもないので安心

体験者のクチコミ

・買い物ついでに、ショッピングモールの店舗に行きました。一番売れている人を予約したら、売れている人だけあって税金など細かいところまで説明してもらい、とても参考になりました。(仙台市・40代女性)

・仕事帰りに、駅近のショップに行きました。時間節約のため、事前情報を伝えておいたので、スムーズに話ができました。加入はしませんでしたが、しつこい営業電話もなく、満足しています。(大阪市・30代男性)

・小さな子連れのため、キッズルーム完備のお店を選びました。前もって一時間くらいでお願いしますと伝えてあったので、ポイントを絞った説明がよかったです。(福岡市・20代女性)

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

保険マンモス
  • 自宅訪問、ファミレスなど、時間・場所ともに自由
  • イエローカードでしつこい営業・押し売りもなく安心
  • 複数の保険会社、資産運用・税金の相談もOK

 

体験者のクチコミ

・生後3か月の赤ちゃんがいるため、家まで来てもらいました。話の途中で子供が泣いてしまいましたが、家なのでサクッと寝かしつけられました。教育資金や死亡保障など、これから必要になるお金の話がイメージできました。(名古屋市・20代女性)

・親戚から保険に入っています。イオンにあるショップだと誰に見られるかわからないので、自宅へ訪問してもらいました。じっくり落ち着いて話ができよかったです。(秋田市・40代女性)

・生命保険の税金について相談しました。個人契約はもちろん、法人契約の税制についての最新情報が得られ、有意義な時間を過ごすことができました。(札幌市・50代男性)

【MDRT】世界67か国TOP6%・生命保険業界のエース級が無料相談

  • 野球でいえばメジャーリーガー級のエリート集団
  • 資産運用・相続・法人契約にも強い
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉、1都3県のみ限定

体験者のクチコミ

・これぞプロって感じで、目からウロコの話が目白押しでした。社会制度や税金など保険以外にも詳しく、頼りがいがありました。予約が取りにくいのもうなづけますね。(神奈川県・40代男性)

・おひとり様なので、将来の資産運用・老後資金を含めて、相談しました。保険・貯蓄・投資のバランスが大切なことを、わかりやすく説明してもらい、大満足です!(東京都・30代女性)

・法人契約の税務処理(損金・資産)の、メリット・デメリットを教えてもらいました。いいときばかりではなく、悪いときにどうすべきかが、勉強になりました。(千葉県・50代男性)

-保険金請求(書類・受取人・約款など)

Copyright© 保険サポートガイド , 2018 All Rights Reserved.