保険サポートガイド

保険で損したくない、保険金を受け取りたいみなさまへ。

「保険金請求(書類・受取人・約款など)」 一覧

医療保険は複数契約がポイント!保険で損をしない、お得な方法とは?

医療保険ランキングやクチコミを参考に、コスパ最高な医療保険へ加入することがベストな選択ではありません。 いま現在において、どんなに優れた医療保険であったとしても、将来にわたって最高品質を維持し続けるこ ...

医療・がん保険の請求/診断書の確認すべき5つのポイントとは?

「保険金の請求をしたら、なんだかんだ理由を付けられて契約を解除された!」 「勧誘の時ばかりうまいことを言っていたくせに、やっぱり保険会社は信用ならない!」 「いままで払った保険料も1円も返ってこない。 ...

がん保険が支払われない7つの事例/トラブル・苦情の理由

現代の日本では、3人に1人がんで亡くなっています(年間30万人以上)。また、生涯でがんになる可能性は、男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測され、日本人にとって”がんは国民病”といっても過言ではあり ...

自殺・自殺未遂・精神疾患/保険金・団体信用生命(団信)の支払事情

リストラによる失業で住宅ローンが払えない、株・投資の失敗による借金、起業したものの倒産など、経済的な理由で死を選ぶ人は少なくありません。日本では毎年約30,000人も自殺を選択しています。近年では、将 ...

通院特約は必要?/医療保険・傷害保険・がん保険の支払事情

2000年代前半まで、国内大手社の総合パッケージ保険や外資系の医療保険に、特約として”通院保障”を付けることができました。ところが、生命保険会社各社の相次ぐ保険金不払い・支払漏れ問題が発生した2005 ...

保険金の時効は3年!保険金請求の時効と告知義務違反の関係は?

多くの人にとって保険なんて非日常ですし、保険のことを考えるのはせいぜい年1~2回と思います。中には加入していることさえ、忘れてる人もいらっしゃるかもしれません。だから、せっかく保険に加入しているのに、 ...

おひとり様・クリぼっち・生涯独身生活/孤独死の保険金支払事情

「人生最後の時は、愛する家族に看取られたい」 安らかな死を迎えることは、多くの人が願いではないでしょうか。 家族がいない人は、「せめて他人に迷惑をかけないように、畳の上で眠るように天国に旅立ちた」いと ...

病院・診療所、介護療養型医療施設など/医療保険・入院の支払事情

「安心の入院1日目から保障」や「日帰り入院からOK」、「入院1日でも5日分保障」など、入院期間の短期化にともない、最近主流の医療保険は、短期入院から保障を充実させています。 病院は回転率で診療報酬点数 ...

泣きっ面に蜂!夫が若い女性と駆け落ち、がん宣告と負の連鎖!!

3組に1組は離婚しているといわれる現代の日本。 友人・知人でも離婚者が増え、ゲス不倫・熟年離婚という言葉が一般的になるなど、もはや対岸の火事とは言えず、誰しも明日は我が身かもしれません。 結婚は勢いや ...

内縁の妻・事実婚/保険金請求トラブルの解決方法(相続財産管理人)

2015年4月、俳優の愛川欽也が肺がんで亡くなりました。 周知のとおり、愛川欽也さんには任漢香(にん かんか)さんという愛人がおり、晩年は任漢香さんが献身的に看病をしていたそうです。 愛川欽也さんは名 ...

生活保護者・不正受給なめんな!/生命保険&医療の加入・支払事情

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と憲法25条で定められた、世界でも有数の社会福祉国家である我が日本。病気や怪我などで働くことができず、経済的に困窮する人々を救う大切な制 ...

保険金受取人が認知症で請求できない事例/代筆請求・成年後見人

4人に1人が65歳以上となり、超高齢化社会を迎えた日本。 1,400兆円といわれる個人金融資産の6割を占めるのも、高齢者の方々です。 この大切な資産を少しでも多く子や孫に残してあげたいとの親心から、一 ...

介護疲れ・うつ防止⇒レスパイト入院/生命保険・医療保険の支払事情

超高齢化社会を突き進む日本。 誰もが老いていくこの世の中で、一部の資産家を除き、誰しも親の介護問題を避けて通ることはできません。 少子化、核家族化が進み、老人が老人を介護する”老老介護”、さらには認知 ...

生命保険・遺族の相続トラブル防止!/保険金・受取人指定のすゝめ

子供にはお金で不自由させたくない、できることならば少しでも残してあげたいというのは、ささやかな親心だと思います。 個人の資産残高が1,708兆円を超え、その多くを高齢者が保有しています。資産家であれば ...

孫のための学資・こども・生命保険/保険金請求トラブルの事例

「働けど働けど我が暮らし楽にならざり。じっと手を見る」 これは約100年前の明治時代末期に、石川啄木が詠んだ歌です。 現代の日本でも、ワーキングプアや派遣切りなど、真面目に働いているのに必ずしも報われ ...

error: Content is protected !!

Copyright© 保険サポートガイド , 2018 All Rights Reserved.