保険サポートガイド

保険で損をしたくない、保険金を受け取りたいみなさまへ。

支払担当者

エイズ(後天性免疫不全症候群)・HIV(ヒト免疫不全ウイルス)/医療保険の支払・加入の目安

現代においても、エイズ・HIVは不治の病です。 日本においても増加傾向が続いておりますが、感染力はさほど強くないので、性感染・血液感染・母子感染にさえ気を付ければ、感染を防ぐとことができます。 今回は ...

高脂血症・脂質異常症/医療保険の告知・加入の目安

「高脂血症」は、原因によって「原発性高脂血症」と「続発性(二次性)高脂血症」に分けることができます。 「脂質異常症」とは、LDLコレステロールや中性脂肪(トリグリセリド)が多くなりすぎた状態、あるいは ...

痛風・高尿酸血症/医療保険の告知・加入の目安

「痛風」とは、体内に蓄積した尿酸の結晶が原因となり、関節炎などを引き起こす病気です。 痛風による関節炎は急激に発症することが多く、「痛風発作」と呼ばれています。 圧倒的に男性が多いのが特徴で、痛風患者 ...

1か月検診/医療保険・通院特約をもらえる人もらえない人の差とは?

出産は人生の中で一大イベントのひとつです。 新しい命の誕生に喜びが大きい反面、経済的な負担は少なくありません。おむつ、ミルクなどの日用品から、ベビー服など、次から次にお金がかかります。 もし、加入して ...

乳がん(検診・手術・放射線・再建など)/医療保険の支払・加入の目安

日本人女性の16人に1人が発症するといわれる乳がん。 国立がん研究センターによると、乳がんの死亡者数は約13,000人、女性ではがん死亡全体の約9%です(2013年度)。 乳がんの罹患数は約72,50 ...

乳腺症、腺維腺腫・葉状腺腫/医療保険の支払・加入の目安

乳腺症とは、乳房の腫瘤、しこり、疼痛などを主訴とする良性疾患の総称のことです。 腺維腺腫・葉状腺腫は、0.02%程度と非常にまれですが、癌化するケースがあります。 視触診、マンモグラフィー、超音波検査 ...

子宮頚部高度異形成(CIN3)/がん保険の支払、加入の目安

子宮頚部異形成(低度・中度・高度)とは、子宮頸がんの前段階(前がん病変)です。別名で、子宮頚部上皮内腫瘍(Cervical Intraepithelial Neoplasia:略してCIN)とも、呼ば ...

子宮筋腫(核出術・動脈塞栓術・全摘術)/医療保険の支払・加入の目安

子宮筋腫とは、子宮の壁にできる良性の腫瘍で、筋肉が異常増殖したものです。 原因は不明ですが、女性ホルモンの分泌が影響し、筋腫が発育すると考えられています。 月経のある4人に1人が発症するといわれており ...

子宮頚管ポリープ・子宮内膜ポリープ/医療保険の支払・加入の目安

子宮頚管ポリープとは? 子宮頸管ポリープとは、子宮の入り口にあたる子宮頚管部分に、粘膜の上皮細胞が増殖して形成される良性腫瘍です。 通常3~5ミリほどの大きさで、仮に増大したとしても1センチ程度といわ ...

卵巣嚢腫/医療保険の支払・加入の目安

「卵巣嚢腫」とは、卵巣に発症した腫瘍のことです。 原発性、転移性、良性・悪性を問わず、卵巣にはたくさんの腫瘍ができます。 肝臓と同様に、卵巣は「沈黙の臓器」といわれています。 そのため、腫瘍が大きくな ...

不妊症治療の前なら告知不要!妊活は医療保険加入の後にすべき理由

社会人になったとき、結婚したとき、子供が生まれたときなど、保険を考えるような人生の節目は、それほど多くありません。 今回は、結婚して生活も落ち着いてきたし、そろそろ子供がほしいなって考えている人、子作 ...

妊婦さんの最終手段!妊娠中でも加入できる医療保険・共済のまとめ

女性にとって、出産は命がけの仕事です。妊娠するのも神様の思し召し、そして母子ともに無事に出産を迎えるのは、本当に奇跡的なことです。 妊娠すると、初期は悪阻(つわり)や流産が心配ですね。 安定期になって ...

妊婦さんの禁じ手!医療保険/妊娠発覚後に加入しても保険金が出る3つの事例

妊娠をきっかけに、医療保険を検討する人はたくさんいらっしゃいます。なんといっても、お金がかかりますからね。 妊婦検診、マタニティ・ベビー用品、出産(分娩)費用、内祝い、ひとによっては里帰り費用など、お ...

出生前診断で異常!人工妊娠中絶術/医療保険の支払・加入事情

女性の社会進出が当たり前になり、平均初婚年齢が30歳を超え、晩婚化とともに高齢出産が増えてきています。 高齢出産は、35歳以上で妊娠・出産することと定義されています。いわゆる”マルコウ”と名付けられ、 ...

避妊手術(パイプカット・卵管結紮)/医療保険・手術の支払事情

晩婚化や高齢出産、生涯おひとり様の増加などにより、日本の出生率は2012年度のデータで”1.41人”にまで低下しています。 人口維持に必要な出生率は”2.08人”と言われており、もはや人口減少、超高齢 ...

error: Content is protected !!

Copyright© 保険サポートガイド , 2019 All Rights Reserved.