保険サポートガイド

保険で損したくない、保険金を受け取りたいみなさまへ。

保険金請求(書類・受取人・約款など) 生命保険商品(死亡・医療・がん・学資など)

医療保険は複数契約がポイント!保険で損をしない、お得な方法とは?

投稿日:

医療保険ランキングやクチコミを参考に、コスパ最高な医療保険へ加入することがベストな選択ではありません。

いま現在において、どんなに優れた医療保険であったとしても、将来にわたって最高品質を維持し続けることはありえないからです。

また、保険会社によって、支払基準は異なります。優れた医療保険=確実に保険金がもらえるとは、言い切れないのが現実です。

「卵はひとつの籠に盛るな」という話をきいたことはありますか。

リスクは分散させるのが、身を守るための大切なポイントです。

今回は、先進医療特約を中心に、保険で損をしない、お得な方法をご紹介いたします。

実損型填補(損害保険)と定額給付型の違い

本来、保険は経済的な逸失利益を補償(モノ)・保障(ヒト)するためのものです。

火災や事故(モノ)、病気(ヒト)など偶発的な事情で保険金を受取り、その結果、以前よりも経済的に豊かになるためのものではありません。

いわゆる”焼け太り”とは、火事に遭った後、見舞金や保険金を受け取り、かえって以前よりも豊かになることです。

保険金詐欺など犯罪目的の”焼け太り”未然に防ぐため、自動車保険、火災保険・地震保険などを”モノ”補償する損害保険では、時価によってモノの価格を定め、原則その価格以上の保険金は支払われません。

たとえば、3,000万円の家屋が全焼した場合、3,000万円以上保険金をを支払わないように、損害保険業界で契約情報を共有し、各社の契約内容に応じて保険会社同士で保険金の支払割合を分担しています。

損害保険は実損填補型と呼ばれています。

一方、”ヒト”を保障する生命保険では、職業や年収に応じた金額を目安としており、損害保険業界と同様、生命保険業界でも情報共有を行っています。

しかし、損害保険業界ほど厳格な運用はしておらず、一人に対して複数の生命保険会社と契約していることは一般的です。

生命保険(医療保険・がん保険を含む)は、定額給付型と呼ばれています。

保険金詐欺など特殊な事例を除いて、一般的には損害保険業界はお支払い時に、生命保険業界では加入時に、保険金額が適正であるかどうか、業界内で情報共有を図っています。

これは、損害保険には代理店に契約締結権があり、生命保険には代理店に契約締結権がないことにも繋がっています。

先進医療特約がミソ

近年の医療保険には、どこもかしこも「先進医療特約」が付いています。

”安心の先進医療保障2,000万円!”とかキャッチコピーをみると思うのですが、一生のうちに2,000万円分も先進医療を受ける人ってどれほどいるのでしょうか。

正確な数値は公表されておりませんので、あくまでも私の経験に基づいた感覚ですが、①「がんに対する重粒子線治療・陽子線治療」、②「白内障に対する多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の2種類で、先進医療特約の支払実績で”8割以上”を占めています。

先進医療の技術料は①「がんに対する重粒子線治療・陽子線治療」が約300万、②「白内障に対する多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」が約40万~80万ほどです。

つまり、先進医療特約の2,000万を使い切るには、重粒子線治療を5回以上しなければなりません。そこまで放射線を浴びる前に、天国へ召されていることでしょう。

4回以上の重粒子線・陽子線治療は、見たことも聞いたこともありません。先進医療特約2,000万を使い切った事例も、噂話ですら聞こえてこないですね。

また、いかに医療費高騰が叫ばれている日本であっても、今後1,000万円を超える先進医療が国に認定される可能性は低いですね。

先にご紹介したとおり、生命保険は入院したら日額いくら、手術を受けたらいくらなど、あらかじめ給付金額が定められている定額保障型です。

そのなかで”先進医療特約”は、”先進医療の技術料”が実損填補型で支払われます。(※一部の保険会社の商品では病院までの交通費などを負担する特約もあり)。

ここからがポイントなのですが、先進医療特約は実損填補型でありながら、損害保険とは異なり、保険会社毎に複数契約があれば、保険会社毎にお支払いの対象となります。

医療保険を複数社で契約するのがお得な理由

例えば、A社・B社の2社で、それぞれ先進医療特約を契約していた人が、前立腺がんになり重粒子線治療(約300万)を受けると、300万×2=600万の先進医療保険金を受け取ることができます。

入院日額10,000円の医療保険に加入を検討している人は、A社で5,000円+先進医療、B社で5,000円+先進医療と、2つの保険会社と契約すれば、万一先進医療を受けた場合、2倍の保障を受け取ることができます。

当然ことながら、入院・手術もそれぞれの契約内容に応じて保険金が支払われます。

仮に、どうしてもA社が気に入ったとして、A社で日額5,000円の医療保険を2つ契約したとしても、A社では一つの契約にしか先進医療特約が付けられないため、 先進医療保険金を2倍受け取ることはできません。

さらに、2つの保険会社を分けることで、どちらかが万一倒産してしまうなどのリスクヘッジにもなります。

保険会社によって、支払基準は異なりますので、支払えるかどうか微妙な判断になったときも、リスクを分散しておくこともできます。

もしかしたら、保険金請求の時に、診断書が2枚必要で、その費用がもったいないとお考えの人もいるかもしれません。

しかし、保険会社によっては、内容に不足がなければ他社診断書のコピーでもお支払いに応じてくれるところもあります。

そもそも、診断書を2枚必要になったとしても、診断書費用は1枚5,400円程度です。毎月の保険料に比べれば、診断書費用の負担はたかがしれています。

まとめ

先進医療特約の保険料は毎月100円程度です。

将来的に先進医療特約の請求が増えるリスクを懸念した保険会社のなかには、主契約はは終身変わらない保険料であっても、アフラックやメットライフのように先進医療特約だけは”10年更新型”としているケースもあります。

医療保険を検討しているのでしたら、まず先進医療保障が”10年更新型”か”終身型”かを確認しましょう。

繰り返しますが、「卵はひとつの籠に盛るな」です。仮にひとつの籠を落としてしまっても、もう一つが残ります。

先進医療特約に限れば、リスクを分散させながら、2倍のリターンが期待できます。

医療保険は複数契約こそが、保険で損をしないお得な方法です。

日額10,000円に加入するなら、5,000円×2社での契約をおすすめいたします。

「どの保険に加入するか」より、「誰から加入するか」が大切な理由

生命保険各社は、2018年4月に保険料を改定しています。

平均余命が伸びたことにより、死亡する可能性が低下し、保険料が平均10%超も安くなりました。

これまでの保険料10,000円とすると、約9,000円・1000円安くなります。1年間では1,000円×12か月=12,000円も、お得になる可能性が高いです。

生命保険は年齢とともに保険料が高くなるものですが、今回の保険料改定により、年齢が上がっていたとしても保険料は下がるケースが多いです。

もし、長年付き合っている保険担当者が、保険見直しの話をしてこないのなら、職務怠慢&質の高くない可能性があります。

保険担当者が保険見直しの話をしない主な理由は、保険契約後2年(長い会社では3年)以内に新しい保険に切り替えても、手数料が出ない(成績にならない)からです。

契約者にとって保障内容が同じで保険料が安くなることはあっても、保険担当者にとっては1円にもならず何の得もないからです。

保険に入るときだけいい顔をして、その後は知らんぷりっていう保険担当者が、まだまだ少なくないのが現実ですね。

病気であれば仕方ありませんが、健康状態に問題がないのにもかかわらず、メリットがある話さえしてこないのは、お客様として軽く扱われているかもしれません。

最適な保険に加入するには、「プロ意識の高い、専門家に相談すること」が近道です。

保険で損をしたくない、保険金を受け取りたいみなさまへ。

支払担当者が厳選した、「保険&専門家えらびに最適な3つのサイト」をご紹介いたします。

【来店相談】全国1,200店舗の保険ショップから30秒で来店予約

LIFULL保険相談
  • 複数の保険会社から、最適な保険を選べる
  • 家計節約、教育・老後など資金準備・資産運用の相談もOK
  • 予約によりデータが管理され、しつこい勧誘、押し売りもないので安心

体験者のクチコミ

・買い物ついでに、ショッピングモールの店舗に行きました。一番売れている人を予約したら、売れている人だけあって税金など細かいところまで説明してもらい、とても参考になりました。(仙台市・40代女性)

・仕事帰りに、駅近のショップに行きました。時間節約のため、事前情報を伝えておいたので、スムーズに話ができました。加入はしませんでしたが、しつこい営業電話もなく、満足しています。(大阪市・30代男性)

・小さな子連れのため、キッズルーム完備のお店を選びました。前もって一時間くらいでお願いしますと伝えてあったので、ポイントを絞った説明がよかったです。(福岡市・20代女性)

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

保険マンモス
  • 自宅訪問、ファミレスなど、時間・場所ともに自由
  • イエローカードでしつこい営業・押し売りもなく安心
  • 複数の保険会社、資産運用・税金の相談もOK

 

体験者のクチコミ

・生後3か月の赤ちゃんがいるため、家まで来てもらいました。話の途中で子供が泣いてしまいましたが、家なのでサクッと寝かしつけられました。教育資金や死亡保障など、これから必要になるお金の話がイメージできました。(名古屋市・20代女性)

・親戚から保険に入っています。イオンにあるショップだと誰に見られるかわからないので、自宅へ訪問してもらいました。じっくり落ち着いて話ができよかったです。(秋田市・40代女性)

・生命保険の税金について相談しました。個人契約はもちろん、法人契約の税制についての最新情報が得られ、有意義な時間を過ごすことができました。(札幌市・50代男性)

【MDRT】世界67か国TOP6%・生命保険業界のエース級が無料相談

  • 野球でいえばメジャーリーガー級のエリート集団
  • 資産運用・相続・法人契約にも強い
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉、1都3県のみ限定

体験者のクチコミ

・これぞプロって感じで、目からウロコの話が目白押しでした。社会制度や税金など保険以外にも詳しく、頼りがいがありました。予約が取りにくいのもうなづけますね。(神奈川県・40代男性)

・おひとり様なので、将来の資産運用・老後資金を含めて、相談しました。保険・貯蓄・投資のバランスが大切なことを、わかりやすく説明してもらい、大満足です!(東京都・30代女性)

・法人契約の税務処理(損金・資産)の、メリット・デメリットを教えてもらいました。いいときばかりではなく、悪いときにどうすべきかが、勉強になりました。(千葉県・50代男性)

-保険金請求(書類・受取人・約款など), 生命保険商品(死亡・医療・がん・学資など)

error: Content is protected !!

Copyright© 保険サポートガイド , 2018 All Rights Reserved.