保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

子供が産まれたら/生命保険の優先順位・選び方、見直しのポイント

更新日:

子供の誕生をきっかけに、保険を見直したり、新たに保険加入を検討される人は大勢いらっしゃいます。

「ご主人に万一ことがあった時に、残された家族が安心して生活できる保障を準備しましょう」などのセールストークが繰り広げられ、もし加入を断ろうものなら「人でなし」の烙印さえ、押されかねません。

さらに、「お子様の教育資金として、将来のために子供保険にも加入してはいかがでしょうか」と、勧められたことがある人もいらっしゃるかと思います。

今回は、子供が産まれたとき、生命保険の優先順位・選び方・見直しのポイントを紹介いたします。

スポンサーリンク

一刻も早く加入すべきなのは死亡保障!

最優先して検討すべきなのは死亡保障です。健康に自信のある方は、保険なんて必要ないと思われるかもしれません。

しかし、誰しも病気になる可能性はありますし、交通事故などに遭わないとも限りません。

みなさまの身近には聞いたことがないかもしれませんが、保険金支払現場においては、少なからず小さい子供がいる人の死亡保険請求があります。

死亡保険金の請求書類には戸籍があり、被保険者の死亡事実を確認した後、支払には必要ない家族の情報をみて、「終身保険300万しか加入していない。残された家族はどうやって生活していくんだろう。他社で大型の死亡保障に加入しているといいんだけどな」など、余計な心配をすることが結構あります。

若い世代の死因はがんや事故などが多いですが、自殺もままあります。

なお、がん保険、医療保険は二の次、三の次です。残された家族が精神的にも経済的にも貧困ならないよう、まずは何よりも死亡保障を充実させることが大切だと思います。

学資(こども)保険は?

死亡保障の次に検討すべきなのは、子供の将来のために教育資金準備を目的とした、学資(子供)保険です。

特に貯金が苦手な人は、経済的な理由で子供の可能性を狭めないためにも、月1回飲みに行くのを我慢して、5,000円くらいの子供保険への加入をおすすめします。

保険料総額≦受取金総額+α(10%程度でOK)の商品でよいと思います。

なお、返戻率(費用対効果)が分かりにくくなるため、入院特約などは付けずに、別途医療保険単品で契約したほうがよいと思います。

子供の医療保険もお勧め!

3つ目は子供の医療保険です。乳幼児の請求で多いのは、「熱性痙攣(けいれん)」「ウイルス性胃腸炎(ロタウイルスなど)」「気管支肺炎・ぜんそく」「急性中耳炎」などです。

”中学生まで医療費が無料”の東京都世田谷区など、一部の恵まれた地域にお住まいの方は必要ないかもしれません。ただし、多くの市町村区では、子供が1歳から所得に応じて医療費負担があります。

0歳児から加入できる保険会社もあり、保険料も月1,000円程度で入院日額5,000円ほどの保障が準備できます。

終身タイプの終身払、もしくは10年更新型がおすすめですね。年間1~2万程度であれば、安心料としてはそれほど高くないと思いますので、加入を検討してみる価値はあるかと思います。

最低限の保障であれば、共済でもOKですね。

まとめ

子供が産まれたら加入する保険の優先順位は、1.死亡保障、2.子供(学資)保険、3.医療保険です。

何事もバランスが大切ですので、くれぐれも”保険貧乏”にならないよう、家計と相談しながら慎重、かつ早急に検討されることをお勧めいたします。

【2018年4月~】死亡保障の保険料が大幅値下げ!

生命保険各社は、2018年4月に保険料を改定しています。

平均余命が伸びたことにより、死亡する可能性が低下し、保険料が平均10%超も安くなりました。

これまでの保険料10,000円とすると、約9,000円・1000円安くなります。1年間では1,000円×12か月=12,000円も、お得になる可能性が高いです。

生命保険は年齢とともに保険料が高くなるものですが、今回の保険料改定により、年齢が上がっていたとしても保険料は下がるケースが多いです。

もし、長年付き合っている保険担当者が、保険見直しの話をしてこないのなら、職務怠慢&質の高くない可能性があります。

保険に入る時だけいい顔をして、その後は知らんぷりっていう保険担当者が、まだまだ少なくないのが現実ですね。

病気であれば仕方ありませんが、健康状態に問題がないのにもかかわらず、メリットがある話さえしてこないのは、お客様として軽く扱われているかもしれません。

最適な保険に加入するには、プロ意識の高い専門家に相談することがポイントですね。

保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

支払担当者が厳選した、「保険選びに最適な3つのサイト」をご紹介いたします。

 

【来店相談】全国1,300店舗の保険ショップから30秒で来店予約

LIFULL保険相談
  • 大手来店型ショップを中心に、圧倒的な店舗数
  • 店舗毎の情報も詳しく、写真も豊富で選びやすい
  • サイトの見やすさ・使いやすさもおすすめ

 

体験者のクチコミ

・買い物ついでに、ショッピングモールの店舗に行きました。一番売れている人を予約したら、売れている人だけあって細かいところまで説明してもらい、とても参考になりました。(仙台市・40代女性)

・仕事帰りに、駅近のショップに行きました。時間節約のため、事前情報を伝えておいたので、スムーズに話ができました。加入はしませんでしたが、しつこい営業電話もなく、満足しています。(大阪市・30代男性)

・小さな子連れのため、キッズルーム完備のお店を選びました。前もって一時間くらいでお願いしますと伝えてあったので、ポイントを絞った説明がよかったです。(福岡市・20代女性)

【訪問相談】自宅・勤務先・喫茶店・ファミレスなど、全国どこでも訪問OK

  • お子さま連れ、親の介護など、長時間外出が難しい人
  • 地方在住、来店型ショップでは知人の目が気になる人
  • 交通の便が悪くて、来店型ショップまで行きにくい人

 

体験者のクチコミ

・生後3か月の赤ちゃんがいるため、家まで来てもらいました。話の途中で子供が泣いてしまいましたが、家なのでサクッと寝かしつけられました。教育資金や死亡保障など、これから必要になるお金の話がイメージできました。(名古屋市・20代女性)

・親戚から保険に入っています。イオンにあるショップだと誰に見られるかわからないので、自宅へ訪問してもらいました。じっくり落ち着いて話ができよかったです。(秋田市・50代男性)

・車の運転ができないので、近所のファミレスまで来てもらいました。とても丁寧な説明で、押し売りもいっさいなかったです。飲み物代はワリカンでしたが、帰り際もスマートな感じが好印象でした。(旭川市・60代女性)

【MDRT】世界67か国TOP6%・生命保険業界のエース級が無料相談

  • 野球でいえばメジャーリーガー級
  • 資産運用・相続・法人契約にも強い
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉、1都3県のみ限定

体験者のクチコミ

・これぞプロって感じで、目からウロコの話が目白押しでした。社会制度や税金など保険以外にも詳しく、頼りがいがありました。予約が取りにくいのもうなづけますね。(神奈川県・40代男性)

・おひとり様なので、将来の資産運用・老後資金を含めて、相談しました。保険・貯蓄・投資のバランスが大切なことを、わかりやすく説明してもらい、大満足です!(東京都・30代女性)

・法人契約の税務処理(損金・資産)の、メリット・デメリットを教えてもらいました。いいときばかりではなく、悪いときにどうすべきかが、勉強になりました。(千葉県・50代男性)

-生命保険商品(死亡・医療・がん・学資など)

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2018 All Rights Reserved.