保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

避妊手術(パイプカット・卵管結紮)/医療保険・手術の支払事情

更新日:

晩婚化や高齢出産、生涯おひとり様の増加などにより、日本の出生率は2012年度のデータで”1.41人”にまで低下しています。人口維持に必要な出生率は”2.08人”と言われており、もはや人口減少、超高齢化社会は避けられそうにありません。

既婚者向けの出生動向調査など各種アンケートでは、”理想の子供の数は2人”との回答が8割以上を占めています。しかし、経済的な理由など”2人目の壁”により、一人っ子の割合が1992年度9.3%から2010年度15.9%と確実に増えてきています。他には二人の割合は50%代、3人の割合は10%代で安定しています。(「結婚と出産に関する全国調査」/国立社会保障・人口問題研究所より)

戦後しばらくは5人以上の兄弟もさほど珍しくはありませんでしたが、高度経済成長により日本が先進国化していくなかで、だんだんと少子化が進んでいきました。平成になると子供が5人以上は少なくなり、”ビックダディ”や”石田さんち”、”渡津家”といった”子だくさんの大家族”がテレビのバラエティ番組になるなど、世間一般では”子だくさん夫婦”はもの珍しい対象となっています。

子供は天からの授かりものですが、上の子と下の子の年齢が10歳以上も離れてしまった恥かきっ子”を授かってしまうケースも少なくありません。ビッグダディのように子供が好きで、経済的な問題などまったく意に介さず、ほいほい子供を作る人は別ですが、多くの一般的な家庭では、子供の数は計画的に考えていると思います。

夫婦生活においては、”明るい家族計画byオカモト”を使用することで、予期せぬ子供を作らないよう注意している人も多いことでしょう。なかには、コンドームなど”文明の利器”に頼ることなく、”医学の力”によって望まない妊娠を避ける人もいます。今回は、”医学の力”≒”避妊手術”についてご紹介いたします。

男性の避妊手術・パイプカット(精管結紮)

男性の避妊手術には、いわゆる”パイプカット”があります。芸能人では、大橋巨泉さんや神田正輝さん、松方弘樹さんらが実施しており、避妊確率はほぼ100%と言われています。パイプカットの一般的な手術名は”精管結紮”で、健康保険が効かない”自費手術”です。ゆえに、公的医療保険連動型タイプでは、手術料算定がないためお支払い対象外です。

では、手術88種タイプはどうでしょうか。手術番号43に「睾丸・副睾丸・精管・精索・精嚢・前立腺手術(20倍)」があり、パイプカットは”精管結紮”のためお支払い対象とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、手術給付金のお支払要件には”治療を直接の目的とした手術”との規定があります。避妊を目的とした”精管結紮”は、”治療を目的的とした手術”ではないため、お支払い対象外となります。

以前、パイプカット(精管結紮)をしたお客様からご請求があり、お支払い対象外である旨を説明したところ、”俺は異常性欲なんだ。”性欲異常症の治療”として手術給付金を支払え!とのお申し出を受けたことがあります。”性欲異常”や”避妊”、”精管結紮”など微妙なワードを使っての説明を避けることができず、周囲の空気が微妙になり、恥ずかしい思いをさせられたものです。(当然お支払いできないという結論は変わらず、30分くらい話した後、しぶしぶご了承いただきました)

厳密にいえば、医科診療報酬点数表には”K829精管切断、切除(両側)”があります。いまだかつて、”性欲異常症”の治療を目的とした”精管切断、切除”という診断書は拝見したことはありません。例えば、タイガーウッズからの保険金請求でしたら、性欲異常症の治療を目的とした手術として支払とする保険会社があるかもしれません。

女性の避妊手術・卵管結紮

女性の避妊手術には、”卵管結紮”があります。多くのケースで”帝王切開と同時に施行”されているようです。現代の医学的には”帝王切開は5回が限度”と言われておりますが、帝王切開の回数が増えるにつれ当然リスクは高まり、一般的には3回程度までとする人がほとんどです。

そして、3回目の帝王切開時に”卵管結紮”を同時施行する人が多いようです。”精管結紮”と同様、”卵管結紮”も治療を直接の目的としないため、公的医療保険連動型タイプ、手術88種タイプともにお支払い対象外です。基本的には自費での手術ですが、仮にK887-2卵管結紮術と手術料が算定されていたとしても、被保険者(女性)の治療を目的とした手術とは判断できないためです。

まとめ

”文明の利器(コンドーム)”ではなく、”医学の力(避妊手術)”によって避妊を考えている人は、残念ながら医療保険・手術給付金ではお役にたてません。避妊手術の費用は手術給付金をあてにすることなく、別途ご用意されることをお勧めします。

おすすめ記事

1

生命保険や医療保険、がん保険を比較するとき、必ずといっていいほど”保険料”と”保障”を比較、ランキング形式で紹介されています。ネットや雑誌のみならず、複数の保険会社を取り扱う来店型ショップ(ほけんの窓 ...

2

数年来、日本列島各地では夏場の猛暑により、”熱中症”になる方が増えています。「部活動中の中学生が熱中症で病院に搬送」とか、「節約のためにエアコンを我慢した高齢者が、自宅で熱中症になり緊急搬送」など、ニ ...

3

日本人女性の16人に1人が発症するといわれる乳がん。国立がん研究センターによると、乳がんの死亡者数は約13,000人、女性ではがん死亡全体の約9%です(2013年度)。乳がんの罹患数は約72,500人 ...

4

一寸先は闇・・・、何の前触れもなく、突然の不幸に見舞われるのが人生です。 健康はお金では買えませんが、万が一の病気や怪我に備えて、経済的な損失を準備するために”生命保険・医療保険・がん保険”などは存在 ...

5

現代の日本では、3人に1人がんで亡くなっています(年間30万人以上)。また、生涯でがんになる可能性は、男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測され、日本人にとって”がんは国民病”といっても過言ではあり ...

-産科・婦人科
-,

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2017 AllRights Reserved.