保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

東日本・阪神淡路・関東大震災/地震による保険金の支払事情

更新日:

地震・雷・火事・親父・・・、これらは昔から怖いもののと言えば代名詞のように出てきます。このなかで”親父=怖い”は、ちょっと首をかしげたくなりますが、東日本大震災、阪神・淡路大震災、関東大震災などに代表される地震大国ニッポンにおいて、専門家でも予測できない”地震”は、現代においても間違いなく怖いもののひとつだと思います。今回は地震による保険金支払について、保険商品ごとに4つの事情を紹介します。

①地震保険の支払事情

さて、震災・地震に関する保険というと、”地震保険”が真っ先に思い浮かびますね。地震保険は政府(財務省)が管轄し、民間の損害保険会社が販売しています。基本的に、保険料、補償内容はどこの保険会社であっても同じです。平成28年4月現在、総支払限度額は約11兆円です。関東大震災クラスを想定し、国会で決議されています。東日本大震災、阪神・淡路大震災であっても、総支払限度額を超えることはありませんでした。

補償内容は、建物(5,000万以下)、家財(1,000万以下)です。地震保険は火災保険とセットで加入、保険金額は火災保険の原則30%~50%が限度です。保険金の支払いは損壊状況に応じて、全損(100%)、半損(50%)、一部損(5%)の三段階に分けられています。

例えば、建物2,000万の物件ですと、火災保険は2,000万、地震保険の上限は1,000万です。全損は1,000万、半損は500万、一部損ですと50万しか地震保険金は支払れません。ただし、割増保険料を支払うことで、火災保険の保険金額と同額まで地震保険を掛けることもできる保険会社もあります。

地震保険金の支払に際しては、一般的に各損害保険会社の調査員が現況確認を行います。被災者のみなさまに少しでも早く保険金をお支払いしたいという思いから、各保険会社では全国の支払担当者を集め、被災地へ社員を派遣し迅速支払を図っています。

各保険会社によって支払基準には大差はありませんが、機動力(人材+資金など)という観点から、東京海上日動、損保ジャパン日本興亜、MS&ADなど、やはり大手保険会社はスピード感のある対応が期待できると思います。

余談ですが、関東大震災(1923年)の際、火災保険契約者から保険金が支払われないことに対して、保険会社に対する大規模な抗議運動が勃発しました。当時の保険約款にも”地震による火災は免責=保険金が支払われない”と明記されていました。

現代とは異なり、ほぼすべての契約者が保険約款の免責事項を理解していなかったため、保険会社は世間から詐欺師のように扱われ、新聞(メディア)も民衆を扇動しました。最終的には政府も介入し、火災保険金額の1割を”見舞金”として支払うことによって、一連の騒動は収束にいたりました。保険が公共の利益を目指すものとはいえ、現代では考えられない、超法規的な措置ですね。

②自動車保険の支払事情

次に、自動車保険についても簡単に紹介します。地震による災害は、車両保険(一般条件・車対車+A・エコノミー)では補償されません。車両保険に別途地震特約(年間5,000円)を付加することによって、最大500,000円が補償されます。

最大でも500,000円しか支払われませんので、新車はもちろん、中古車であっても、地震特約では新しく買い替えられるほどの保険金をもらうことはできません。地震により自動車が被害にあった場合、諦めるしかないのが現状です。

スポンサーリンク

③傷害保険の支払事情

3つ目は怪我をした時に備える傷害保険です。自動車保険と同様、地震・津波による怪我は免責(対象外)ですが、地震・津波による怪我も補償される特約を付けることができます。1995年・阪神淡路大震災以降に契約した傷害保険でしたら、地震・津波による怪我も補償されている可能性があります。

④生命保険・医療保険の支払事情

最後に、生命保険・医療保険についてです。多くの保険約款では、次のように定められています。

<地震に関する生命保険・医療保険:約款の例>
”地震、津波”により、保険金・給付金の支払事由(死亡・入院・手術など)に該当した被保険者の数の増加が、保険計算の基礎に影響を及ぼすと保険会社が判断したときは、保険金・給付金を削減して支払うか、または保険金・給付金を支払わないことがあります。

火災保険、自動車保険、傷害保険といった損害保険の商品とは異なり、生命保険・医療保険は地震・津波についても保障しますって定めています。しかし、”想定外”の場合は削減、もしくは支払わないって約款規定があります。では、実際にこの約款規定が適用されたのでしょうか。

近年、津波により最大の犠牲者となったのは東日本大震災です。死者・行方不明者18,000人超でしたが、すべての生命保険会社で、保険金が削減されたり、支払われないことはありませんでした。

さらに、一般の人にはあまり知られていませんが、各保険会社は被災者リストを作り、保険金・給付金の支払いを徹底的に行いました。横並びが好きな業界ですので、他社がやっているなら自社も絶対に遅れるなって感じで、被災者の心情に十分配慮することさえ忘れ、保険金を支払うことが目的となり、トラブルになったケースも少なくありませんでした。

被災者のなかには、気持ちの整理がつかず、死亡保険金を請求したくないって人も少なからずいらっしゃいましたが、少しでも早く、1件でも多く保険金を支払うことがよいことだと思っている保険会社(担当者?)も実在したようですね。保険金の不払いは大問題ですが、気持ちの整理がまだついていないお客様にまで、保険会社都合で押し付けるように保険金を支払う姿勢には疑問を感じざるを得ませんでした。

ちなみに、関東大震災の死者は105,000人余りと言われていますが、当時は死亡保険(養老保険)が主力商品であったこともあり、保険計算の基礎に影響を及ぼすほどではなく、保険金が削減されることはありませんでした。東日本大震災の死因は”津波”がトップでしたが、関東大震災はお昼時であったこともあり、”火災”が9割以上を占めたそうです。

まとめ

以上のように、建物(自宅)・家財、自動車など”モノ”については、保険で100%準備することはできません。一方、死亡、入院・手術など”ヒト”については、過去の震災を鑑みると保険金が削減されたり不払いになる可能性は低いと思います。

火事場泥棒、いや焼け太りはご法度という前提で、大きな声では言えばませんが、通常時と比べて、調査の基準も甘くなりがちです。

”備えてあっても、憂いあり”、地震大国ニッポンで暮らす我々にできることは、できる範囲で地震保険など保険を活用し、人と人との繋がり、絆・相互扶助の精神を大切にして、地震被害を乗り越えていくことではないかと思います。

おすすめ記事

1

生命保険や医療保険、がん保険を比較するとき、必ずといっていいほど”保険料”と”保障”を比較、ランキング形式で紹介されています。ネットや雑誌のみならず、複数の保険会社を取り扱う来店型ショップ(ほけんの窓 ...

2

数年来、日本列島各地では夏場の猛暑により、”熱中症”になる方が増えています。「部活動中の中学生が熱中症で病院に搬送」とか、「節約のためにエアコンを我慢した高齢者が、自宅で熱中症になり緊急搬送」など、ニ ...

3

日本人女性の16人に1人が発症するといわれる乳がん。国立がん研究センターによると、乳がんの死亡者数は約13,000人、女性ではがん死亡全体の約9%です(2013年度)。乳がんの罹患数は約72,500人 ...

4

一寸先は闇・・・、何の前触れもなく、突然の不幸に見舞われるのが人生です。 健康はお金では買えませんが、万が一の病気や怪我に備えて、経済的な損失を準備するために”生命保険・医療保険・がん保険”などは存在 ...

5

現代の日本では、3人に1人がんで亡くなっています(年間30万人以上)。また、生涯でがんになる可能性は、男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測され、日本人にとって”がんは国民病”といっても過言ではあり ...

-ご挨拶・その他
-,

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2017 AllRights Reserved.