保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

神経系・頭蓋(脳梗塞・脳出血・神経炎など)/医療保険・手術のすべて

更新日:

神経系・頭蓋の手術をご紹介します。神経系・頭蓋手術はK145~K198です。手術名称は代表例で表記しています。

正式な手術名とKコードが不明な場合は、手術をした病院(受付・医事課など)で確認するとよいですね。そのうえで、保険会社に請求対象かどうか、問い合わせするのかスムーズです。

手術料が算定されるすべての手術名・Kコードは、しろぼんねっとで検索できます。

なお、公的医療保険連動型、手術88種タイプ、手術の定義などについては、生命保険・医療保険・かんぽ・共済/”手術給付金”のすべてを、ご参照いただければ幸いです。

スポンサーリンク

公的医療保険(健康保険)連動型タイプ

公的医療保険(健康保険)連動型タイプでは、手術料が算定されていれば支払対象です。

手術88種タイプ

手術88種タイプでは、手術番号5・53・56・57・79・83・87のいずれかに該当すれば支払対象です。

◇筋骨の手術(抜釘術は除く)

手術番号 5 頭蓋骨観血手術(鼻骨・鼻中隔を除く)(20倍)

◇内分泌の手術

手術番号 53 下垂体腫瘍摘除術(40倍)

◇神経の手術

手術番号 56 頭蓋内観血手術(40倍)

手術番号 57 神経観血手術(形成術・移植術・切除術・減圧術・開放術・捻出術)
(20倍)

◇感覚器・聴器の手術

手術番号 79 聴神経腫瘍摘出術(40倍)

◇上記以外の手術

手術番号 83 上記以外の開頭術(20倍)

手術番号 87  内視鏡または血管・バスケットカテーテルによる脳・喉頭・旨・腹部臓器手術(検査・処置は含まない。施術の開始日から60日の間に1回の給付を限度とする。)

Ⅰ 頭蓋・脳の手術、主な適応疾患

脳梗塞、脳出血などに対する”開頭術”は難易度が高く、手術倍率も最高の40倍です。カテーテルは10倍、そのほか頭蓋観血手術は20倍が基本です。

・K145  穿頭脳室ドレナージ術(新規穿孔:手術番号83×20倍、既孔:手術番号87×10倍)
水頭症、髄膜炎、脳室内出血、脳腫瘍、くも膜下出血、脳外傷(脳挫傷、脳損傷、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血)など

・K146  頭蓋開溝術(手術番号5×20倍)
頭蓋骨早期癒合賞(狭頭症)

・K147  穿頭術(トレパナチオン)(新規穿孔:手術番号83×20倍、既孔:手術番号87×10倍)
水頭症、髄膜炎、脳室内出血、慢性硬膜下血腫、脳膿瘍、脳腫瘍、くも膜下出血、てんかん、パーキンソン病、不随意運動症など

・K148  試験開頭術(手術番号83×20倍)
脳腫瘍脳の疑いなど

・K149  減圧開頭術(手術番号83×20倍)
キアリ奇形、脊髄空洞症、水頭症、脳腫瘍、脳挫傷、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、脳梗塞、くも膜下出血、脳出血など

・K150  脳膿瘍排膿術(開頭術:手術番号56×40倍、新規穿孔:手術番号83×20倍、既孔:手術番号87×10倍)
脳膿瘍

・K151-2  広範囲頭蓋底腫瘍切除・再建術(手術番号56×40倍)
頭蓋底腫瘍(脳腫瘍、口腔・下顎、口唇の悪性腫瘍、唾液腺の悪性腫瘍、上咽頭の悪性腫瘍、中咽頭の悪性腫瘍、下咽頭の悪性腫瘍、高等の悪性腫瘍、鼻腔・副鼻腔の悪性腫瘍、転移性頚部悪性腫瘍、聴器の悪性腫瘍、頭頚部悪性腫瘍脊索腫など)

・K152  耳性頭蓋内合併症手術(手術番号56×40倍)
・K152-2  耳科的硬脳膜外腫瘍切開術(手術番号83×20倍
中耳炎、真珠腫など

・K153  鼻性頭蓋内合併症手術(手術番号56×40倍)
副鼻腔炎、上咽頭癌、三叉神経鞘腫など

・K154  機能的定位脳手術(新規穿孔:手術番号83×20倍、既孔:手術番号87×10倍)
脳性麻痺、パーキンソン症候群、筋固縮(筋痙縮)、難治性疼痛、てんかん、脳腫瘍、脳膿瘍、脳内血腫

・K154-2  顕微鏡使用によるてんかん手術(焦点切除術、側頭葉切除術、脳梁離断術)(手術番号56×40倍)
てんかん

・K154-3  定位脳腫瘍生検術(手術番号83×20倍)
脳腫瘍

・K155  脳切截術(開頭して行うもの)(手術番号56×40倍)
てんかん

・K156  延髄における脊髄視床路切截術(手術番号56×40倍)
癌などによる難治性疼痛

・K157  三叉神経節後線維切截術(手術番号56×40倍)
三叉神経痛

・K158  視神経管開放術(開頭:手術番号56×40倍、開頭以外:手術番号57×20倍)
頭部外傷による視神経管骨折、線維筋性異形成症

・K159  顔面神経減圧手術(乳様突起経由)(開頭:手術番号56×40倍、開頭以外:手術番号57×20倍)
・K159-2  顔面神経管開放術(開頭:手術番号56×40倍、開頭以外:手術番号57×20倍)
外傷性顔面神経損傷、特発性末梢性顔面神経麻痺、慢性化膿性中耳炎、真珠性中耳炎

・K160  脳神経手術(開頭して行うもの)(手術番号56×40倍)
・K160-2  頭蓋内微小血管減圧術(手術番号56×40倍)
三叉神経痛、顔面痙攣症、舌咽神経痛

・K161  頭蓋骨腫瘍摘出術(手術番号5×20倍)
頭蓋骨腫瘍

・K162  頭皮、頭蓋骨悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍)
頭蓋骨悪性腫瘍(癌の頭蓋骨転移、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫など)、頭皮上皮内癌など

・K163  頭蓋骨膜下血腫摘出術(手術番号83×20倍)
頭蓋骨骨膜下血腫

・K164  頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(開頭:手術番号56×40倍、穿頭術:手術番号83×20倍)
・K164-2  慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術(新規穿頭:手術番号83×20倍、既孔:手術番号87×10倍)
・K164-3  脳血管塞栓(血栓)摘出術(開頭:手術番号56×40倍、カテーテル:手術番号87×10倍)
・K164-4  定位的脳内血腫吸引除去術(開頭:手術番号56×40倍、穿頭術:手術番号83×20倍)
・K164-5  内視鏡下脳内血腫除去術(新規穿頭:手術番号83×20倍、既孔:手術番号87×10倍)
急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、慢性硬膜下出血、脳内出血、出血性脳梗塞、脳挫傷、脳塞栓症、脳血栓症、脳内血腫(高血圧性)

・K165  脳内異物摘出術(手術番号56×40倍)
弾丸、開放性外傷性脳症など

・K166  脳膿瘍全摘術(開頭:手術番号56×40倍、穿頭術:手術番号83×20倍)
脳膿瘍

・K167  頭蓋内腫瘤摘出術(開頭:手術番号56×40倍、穿頭術:手術番号83×20倍)
肉芽組織(頭部腫瘤など)、頭部脂肪腫、脳内石灰化(大脳切開沈着症)など

・K168  脳切除術(開頭:手術番号56×40倍、穿頭術:手術番号83×20倍)
脳浮腫、乳癌、前立腺癌

・K169  頭蓋内腫瘍摘出術(開頭:手術番号56×40倍、穿頭術:手術番号83×20倍、既孔:手術番号87×10倍)
脳腫瘍、松果体腫瘍、神経膠腫、髄膜腫、類上皮腫、神経鞘腫、頭蓋咽頭腫、脳胚細胞腫瘍、下垂体腫瘍、脳悪性リンパ腫、頭部脂肪肉腫、転移性脳腫瘍

・K170  経耳的聴神経腫瘍摘出術(手術番号79×40倍)
聴神経腫瘍

・K171  経鼻的下垂体腫瘍摘出術(手術番号53×40倍)
・K171-2  内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出術(手術番号53×40倍)
下垂体腺種、頭蓋咽頭腫、ラトケのう胞、下垂体腫瘤、脳胚細胞腫瘍、髄膜腫、転移性脳しゅよう、リンパ球性下垂体炎など

・K172  脳動脈瘤奇形摘出術(手術番号56×40倍)
脳動脈瘤奇形

・K173  脳・脳膜脱手術(手術番号56×40倍)
脳・脳膜脱出(頭蓋骨異常)

・K174  水頭症手術(手術番号83×20倍)
水頭症

・K174-2  隋液シャント抜去術
水頭症(血瘤)、慢性硬膜下水腫(治癒)、シャント感染症(術後感染症)

・K175  脳動脈瘤被包術(手術番号56×40倍)
脳動脈瘤

・K176  脳動脈瘤流入血管クリッピング(開頭して行うもの)(手術番号56×40倍)
・K177  脳動脈瘤頚部クリッピング(手術番号56×40倍)
脳動脈瘤

・K178  脳血管内手術(手術番号87×10倍)
・K178-2  経皮的脳血管形成術(手術番号87×10倍)
・K178-3  経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術(手術番号87×10倍)
・K178-4  経皮的脳血栓回収術(手術番号87×10倍)
脳動脈瘤、能動静脈器系、硬膜動脈瘻、脳腫瘍、脳血管狭窄症(脳動脈狭窄)、脳血管攣縮、脳梗塞、脳血栓

・K179  髄液漏閉鎖術(開頭:手術番号56×40倍、開頭以外:手術番号5×20倍)
脳脊髄液漏

・K180  頭蓋骨形成手術(手術番号5×20倍)
頭蓋骨欠損、頭蓋骨陥没骨折、硬膜損傷、頭蓋骨感染、頭蓋骨早期癒合症(狭頭症)、クルーゾン病、Apert症候群など

・K181  脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)(穿頭術:手術番号83×20倍、既孔:手術番号87×10倍)
・K181-2  脳刺激装置交換術(手術番号87×10倍)
・K181-3  頭蓋内電極抜去術(手術番号87×10倍)
・K181-4  迷走神経刺激装置植込術(手術番号57×20倍)
・K181-5  迷走神経刺激装置交換術
難治性疼痛、てんかん、パーキンソン病、ジストニー

スポンサーリンク

Ⅱ  脊髄、末梢神経、交感神経の手術、主な適応疾患

・K182  神経縫合術(手術番号57×20倍)
・K182-2  神経交差縫合術(手術番号57×20倍)
・K182-3  神経再生誘導術(手術番号57×20倍)
末梢神経損傷、末梢神経切断

・K183  脊髄硬膜切開術(手術番号59×20倍)
脊髄腫瘍(疑い)、脊髄動静脈器系(疑い)、脊髄血管腫(疑い)、くも膜炎など

・K183-2  空洞・くも膜下腔シャント術(脊髄空洞症に対するもの)(手術番号59×20倍)
脊髄空洞症(キアリ奇形以外の原因によるもの)

・K184  減圧脊髄切開術(手術番号59×20倍)
脊髄内嚢胞(シリンゴミエリア)、脊髄血腫など

・K185  脊髄切截術(手術番号59×20倍)
不随意運動症、難治性疼痛など

・K186  脊髄硬膜内神経切断術(手術番号59×20倍)
頑痛(神経痛)、椎間板変性、ヘルニアなど

・K187  脊髄視床路切截術(手術番号59×20倍)
難治性疼痛

・K188  神経剥離術(手術番号57×20倍)
炎症後の神経癒着、炎症性多発性ニューロパチー

・K189  脊髄ドレナージ術(手術番号87×10倍)
くも膜下出血、髄膜炎、交通性水頭症、髄液漏(脳脊髄液漏)など

・K190  脊髄刺激装置植込術(手術番号87×10倍)
・K190-2  脊髄刺激装置交換術(手術番号87×10倍)
難治性疼痛

・K190-3  重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ設置術(手術番号87×10倍)
・K190-4  重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ交換術
・K190-5  重症痙性麻痺治療薬髄腔内持続注入用植込型ポンプ薬剤再充填
痙性斜頚、顔面痙攣、痙性麻痺

・K190-6  仙骨神経刺激装置植込術(手術番号87×10倍)
・K190-7  仙骨神経刺激装置交換術(手術番号87×10倍)
脊髄障害、直腸がんの術後、出産時の肛門筋の損傷、加齢

・K191  脊髄腫瘍摘出術(手術番号58×40倍)
脊髄損傷

・K192  脊髄血管腫摘出術(手術番号58×40倍)
脊髄動静脈奇形、脊髄血管腫

・K193  神経腫切除術(手術番号57×20倍)
断端神経腫、外傷性神経腫(術後合併症)、ニューロナビゲーション

・K193-2  レックリングハウゼン病偽神経腫切除術(露出部)(手術番号57×20倍)
・K193-3  レックリングハウゼン病偽神経腫切除術(露出部以外)(手術番号57×20倍)
神経線維腫

・K194  神経捻除術(手術番号57×20倍)
神経痛

・K194-2  横隔神経麻痺術(手術番号57×20倍)
重度の吃逆(きつぎゃく:しゃっくりのこと)

・K194-3  眼窩下孔部神経切断術(手術番号57×20倍)
・K194-4  おとがい孔部神経切断術(手術番号57×20倍)
三叉神経痛

・K195  交感神経切除術(手術番号57×20倍)
・K195-2  尾動脈腺摘出術(手術番号57×20倍)
自律神経失調症

・K196  交感神経節切除術(手術番号57×20倍)
・K196-2  胸腔鏡下交感神経節切除術(両側)(手術番号57×20倍)
自律神経失調症、カウザルギー、頚腕症候群、外傷後神経症、多汗症、レイノー病、上司特発性脱疽

・K196-3  ストッフェル手術(手術番号57×20倍)
脳性麻痺などによる下肢の硬直性麻痺

・K196-4  閉鎖神経切除術(手術番号57×20倍)
臀部の内転痙縮

・K196-5  末梢神経遮断(挫滅又は切断)術(浅腓骨神経、深腓骨神経、後脛骨神経又は腓腹神経に限る)(手術番号57×20倍・※注射は対象外)
疼痛

・K197  神経移行術(手術番号57×20倍)
尺骨神経麻痺など

・K198  神経移植術(手術番号57×20倍)
末梢神経麻痺(特発性末梢性顔面神経麻痺、末梢性顔面神経麻痺など)

おすすめ記事

1

生命保険や医療保険、がん保険を比較するとき、必ずといっていいほど”保険料”と”保障”を比較、ランキング形式で紹介されています。ネットや雑誌のみならず、複数の保険会社を取り扱う来店型ショップ(ほけんの窓 ...

2

数年来、日本列島各地では夏場の猛暑により、”熱中症”になる方が増えています。「部活動中の中学生が熱中症で病院に搬送」とか、「節約のためにエアコンを我慢した高齢者が、自宅で熱中症になり緊急搬送」など、ニ ...

3

日本人女性の16人に1人が発症するといわれる乳がん。国立がん研究センターによると、乳がんの死亡者数は約13,000人、女性ではがん死亡全体の約9%です(2013年度)。乳がんの罹患数は約72,500人 ...

4

一寸先は闇・・・、何の前触れもなく、突然の不幸に見舞われるのが人生です。 健康はお金では買えませんが、万が一の病気や怪我に備えて、経済的な損失を準備するために”生命保険・医療保険・がん保険”などは存在 ...

5

現代の日本では、3人に1人がんで亡くなっています(年間30万人以上)。また、生涯でがんになる可能性は、男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測され、日本人にとって”がんは国民病”といっても過言ではあり ...

-手術
-,

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2017 AllRights Reserved.