保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

耳鼻咽頭(中耳炎・扁桃腺炎・副鼻腔炎など)/医療保険・手術のすべて

更新日:

耳鼻咽頭手術についてご紹介します。耳鼻咽頭手術は"耳鼻咽頭手術”はK285~K328(耳)、K329~365(鼻)です。手術名称は代表例で表記、多少名称が異なるケースもあります。手術88種タイプですと、該当手術は下記のいずれかに分類されます。公的医療保険連動型タイプの場合は、特段の表記がない限り、手術給付金の支払対象です。

正式な手術名とKコードが不明な場合は、手術をした病院(受付・医事課など)で確認するのとよいですね。そのうえで、保険会社に請求対象かどうか、問い合わせするのがスムーズです。

手術料が算定されるすべての手術名・Kコードは、しろぼんねっとで検索できます。

なお、公的医療保険連動型、手術88種タイプ、手術の定義などについては、生命保険・医療保険・かんぽ・共済/”手術給付金”のすべてを、ご参照いただければ幸いです。

スポンサーリンク

手術88種タイプ : 耳鼻咽頭の手術番号

手術88種タイプでは、手術番号5・6・7・14・15・16・75・76・77・78・79のいずれかに該当すれば支払対象です。

◇筋骨の手術
手術番号 5 頭蓋骨観血手術(鼻骨・鼻中隔を除く)(20倍)
手術番号 6 鼻骨観血手術(鼻中隔弯曲症手術を除く)(10倍)
手術番号 7 上顎骨・下顎骨・顎間接観血手術(歯・歯肉の処置に伴うものを除く)(20倍)

◇呼吸器・胸部の手術
手術番号 14 慢性副鼻腔炎根本手術(10倍)
手術番号 15 咽頭全摘除術(20倍)
手術番号 16 気管・気管支・肺・胸膜手術(開胸を伴うもの)(20倍)

◇感覚器・聴器の手術
手術番号 75 観血的鼓膜・鼓室形成術(20倍)
手術番号 76 乳様洞削開術(10倍)
手術番号 77 中耳根本手術(20倍)
手術番号 78 内耳観血手術(20倍)
手術番号 79 聴神経腫瘍摘出術(40倍)

Ⅰ 外耳の手術、主な適応疾患

手術88種タイプで支払対象となる外耳の手術は、悪性腫瘍に対するもの、および鼓室形成のともなうものなど一部のみです。先天性疾患の場合、告知事項に該当しない(5年以内に病院に行っていないなど)場合でも、責任開始日から2年以内の先天性疾患に対する手術は、責任開始期前発病として対象外です。

なお、先天性疾患を責任開始期前発病として対象外とするか、初診日が責任開始日以降であれば不問として支払対象とするかは、保険会社によって判断が分かれるところです。

ご参考 → ”告知義務違反” 保険会社による確認・調査の実態とは!?

・K285 耳介血腫開窓術
耳介皮下血腫(耳介の非感染性障害)など

・K286 外耳道異物除去術
外耳道内異物など

・K287 先天性耳瘻管摘出術
先天性耳瘻孔、先天性のう胞など

・K288 副耳介切除術
副耳など

・K289 耳茸摘出術
耳茸、外耳障害、中耳ポリープなど

・K290 外耳道骨増生(外骨腫)切除術
外耳道外骨腫、サーファーズイヤーなど

・290-2 外耳道骨腫切除術
外耳道骨腫など

・K291 耳介腫瘍摘出術
耳介良性腫瘍、頭頚部良性軟部腫瘍など

・K292 外耳道腫瘍摘出術(外耳道真珠腫手術を含む)
外耳道腫瘍、外耳道真珠腫、頚部扁平母斑、耳介のう腫、耳ポリープなど

・K293 耳介悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
耳介癌、耳介悪性黒色腫、外耳道癌など

・K294 耳介悪性腫瘍手術(悪性外耳道炎を含む)(手術番号80×40倍or82×20倍)
耳介癌、耳介悪性黒色腫、外耳道癌など

・K295 耳後瘻孔閉鎖術(鼓室形成を伴う場合のみ75×20倍)
中耳腫瘍術後症、鼓室形成術後後遺症など

・K296 耳介形成手術
耳介形成異常、尖耳、耳介奇形など

・K297 外耳道形成手術
外耳道真珠腫など

・K298 外耳道造設術・閉鎖症手術(手術番号5×20倍)
外耳道閉鎖症、先天性外耳道狭窄症など

・K299 小耳症手術(軟骨移植があれば手術番号3×20倍)
小耳症、先天性耳介欠損など

Ⅱ 中耳の手術、主な適応疾患

乳幼児の中耳炎に対するK300鼓膜切開術の施行が圧倒的に多いですね。残念ながら手術88種タイプは対象外です。最近主流の公的医療保険連動型タイプであれば、支払対象です。中耳炎は繰り返し手術施行となる事例も多く、小さい子供がいる人で中耳炎が心配な人は、医療保険に加入しておくと安心かもしれません。終身タイプではなく10年更新タイプでも十分だと思います。

・K300 鼓膜切開術
中耳炎、グルーイヤー、耳管鼓室カタルなど

・K301 鼓室開放術(手術番号75×20倍)
中耳炎、真珠腫、コレステリン種、鼓膜癒着症、耳硬化症、中耳先天奇形など

・K302 上鼓室開放術(手術番号75×20倍)
中耳炎、真珠腫、コレステリン種、鼓膜癒着症、耳硬化症、中耳先天奇形など

・K303 上鼓室乳突洞開放術(手術番号76×10倍)
伝音難聴、中耳炎、真珠腫、乳突洞炎、鼓室硬化症・化膿症など

・K304 乳突洞開放術(アントロトミー)(手術番号76×10倍)
中耳炎、真珠腫、乳様突起炎・腫瘍、コレステリン中耳炎など

・K305 乳突削開術(手術番号76×10倍)
中耳炎、真珠腫、乳様突起炎・腫瘍、コレステリン中耳炎など

・K306 錐体部手術(手術番号77×20倍)
錐体尖端炎、コレステリン肉芽腫など

・K308 耳管内チューブ挿入術
・K308-2 耳管内狭窄ビニール管挿入術
耳管機能低下、中耳炎、耳管狭窄症・閉塞症、鼓膜癒着症など

・K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術
中耳炎、耳管鼓室カタル、グルーイヤーなど

・K310 乳突充填術(手術番号76×10倍)
中耳炎、鼓室硬化症、乳様突起腫瘍など

・K311 鼓膜穿孔閉鎖術(一連につき)
中心性鼓膜穿孔、鼓膜弛緩部穿孔、鼓膜全欠損など

・K312 鼓膜鼓室肉芽切除術
中耳炎、鼓膜炎など

・K313 中耳、側頭骨腫瘍摘出術(手術番号78×20倍)
中耳腫瘍、頭蓋骨線維腫、神経鞘腫など

・K314 中耳悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
中耳悪性腫瘍(癌)

・K315 鼓室神経叢(そう)切除、鼓索神経切断術(手術番号75×20倍)
メニエール病、耳性めまい、末梢性めまい症、レルモワイエ症候群など

・K316 S状洞血栓(静脈炎)手術(手術番号76×10倍)
硬膜静脈洞炎(S状静脈洞血栓症)、硬膜静脈血栓症

・K317 中耳根治手術(手術番号77×20倍)
中耳炎、真珠腫、乳突洞炎、鼓室硬化症、乳様突起腫瘍など

・K318 鼓膜形成手術(手術番号75×20倍)
鼓膜穿孔、鼓膜弛緩部穿孔、中耳炎など

・K319 鼓室形成手術(手術番号75×20倍)
伝音難聴、中耳炎、真珠腫、耳小骨離断、鼓室硬化症、中耳先天奇形など

・K320 アブミ骨摘出術・可動化手術(手術番号77×20倍)
耳硬化症、耳小骨奇形・欠損・固着、アブミ骨脱臼など

スポンサーリンク

Ⅲ 内耳の手術、主な適応疾患

内耳の蝸牛や前庭・半規管は構造が微細であり、直接的な機能開腹手術の対象とならない。内耳の手術は周囲の神経を損傷すると甚大な副作用を起こしかねず、耳の手術の中でも慎重を要する難易度が高い手術のため、比較的高倍率となっています。

・K321 内耳開窓術(手術番号78×20倍)
耳硬化症、中耳先天奇形など

・K322 経迷路的内耳道開放術(手術番号78×20倍)
聴神経腫瘍、聴神経鞘腫、聴神経のう腫など

・K323 内リンパ嚢開放術(手術番号78×20倍)
メニエール病(難治性)など

・K325 迷路摘出術(手術番号78×20倍)
急性迷路炎、末梢性めまい症など

・K327 内耳窓閉鎖術(手術番号75×20倍)
外リンパ漏、迷路瘻など

・K328 人口内耳植込術(手術番号78×20倍)
高度感音難聴、先天性聾唖など

Ⅳ 鼻の手術、主な適応疾患

骨折の非観血的手術(K333)は、除外手術に該当するため公的医療保険連動型タイプも対象外です。また、一部保険会社の公的医療保険連動型タイプのK331下甲介粘膜焼灼術・レーザー焼灼術も、除外手術として規定されています。

ご参考 → 花粉症(アレルギー性鼻炎)鼻腔粘膜焼灼/医療保険・手術の支払事情

・K329 鼻中隔膿瘍切開術
鼻中隔膿瘍

・K330 鼻中隔血腫切開術
鼻中隔血腫

・K331 鼻腔粘膜焼灼術
鼻出血症

・K331-2 下甲介粘膜焼灼術
アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎、鼻甲介肥厚症、花粉症など

・K331-3 下甲介粘膜レーザー焼灼術
・アレルギー性鼻炎、花粉症

・K333 鼻骨骨折整復固定術
鼻骨骨折、外傷性斜鼻など

・K333-2 鼻骨脱臼整復術
・K333-3 鼻骨骨折徒手整復術
眼窩骨折、口蓋骨骨折、鼻骨骨折など

・K334 鼻骨骨折観血的手術(手術番号6×10倍)
・K334-2 鼻骨変形治癒骨折矯正術(手術番号6×10倍)
外傷性斜鼻、鼻骨骨折、鼻中隔骨折など

・K335 鼻中隔骨折観血的手術(手術番号6×10倍)
鼻中隔骨折など

・K335-2 上顎洞鼻内手術(スツルマン氏、吉田氏変法を含む)(手術番号14×10倍)
上顎骨骨折、上顎洞炎など

・K335-3 上顎洞鼻外手術(手術番号14×10倍)
上顎洞炎

・K336 鼻腔内異物除去術
鼻腔異物

・K337 鼻前庭嚢胞摘出術
鼻前庭のう胞

・K338 鼻甲介切除術
肥厚性鼻炎、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎

・K339 粘膜下下鼻甲介骨切除術
肥厚性鼻炎、鼻甲介肥厚症、アレルギー性鼻咽頭炎など

・K340 鼻茸摘出術
鼻茸、鼻腔ポリープなど

・K340-2 出血性鼻茸摘出術
鼻腔血管腫、出血性鼻茸

・K341 上顎洞性後鼻孔ポリープ切除術
後鼻孔ポリープ、鼻茸

・K342 鼻副鼻腔腫瘍摘出術(手術番号14×10倍)
副鼻腔腫瘍など

・K343 鼻副鼻腔悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
鼻腔癌、鼻前庭癌、鼻中隔癌、副鼻腔癌、上顎癌など

・K344 経鼻腔的翼突管神経切除術(手術番号57×20倍)
アレルギー性鼻炎、鼻咽頭炎など

・K345 萎縮性鼻炎手術(両側)
萎縮性鼻炎

・K346 後鼻孔閉鎖症手術
後鼻孔閉鎖症

・K347 鼻中隔矯正術(※除外する保険会社あり)
鼻中隔弯曲症

・K347-2 変形外鼻手術
斜鼻、按鼻、顔面半側萎縮症、鼻中隔弯曲症、頭蓋陥凹など

Ⅴ 副鼻腔の手術、主な適応疾患

副鼻腔炎の手術は手術番号14×10倍が基本です。一部、上顎骨(上顎嚢胞)や神経操作があった場合、手術番号7×20倍、57×20倍該当とするケースもあります。

・K349 上顎洞開窓術(手術番号14×10倍)
慢性副鼻腔炎、上顎洞炎、副鼻腔のう胞など

・K350 前頭洞充填術(手術番号14×10倍)
前頭洞炎、前頭洞のう胞

・K351 上顎洞腫瘍摘出術(手術番号14×10倍)
上顎洞血瘤腫

・K352 上顎洞根治手術(手術番号14×10倍)
・K352-2 鼻内上顎洞根治手術(手術番号14×10倍)
上顎洞炎、術後性頬部のう腫など

・K352-3 副鼻腔炎術後後出血止血法
篩骨洞炎、副鼻腔のう胞など

・K353 鼻内篩骨洞根本手術(手術番号14×10倍)
・K354 篩骨洞根本手術(手術番号14×10倍)
篩骨洞炎(慢性副鼻腔炎)、篩骨洞のう胞など

・K355 鼻内前頭洞根治手術(手術番号14×10倍)
・K356 前頭洞根治手術(手術番号14×10倍)
前頭洞炎(慢性副鼻腔炎)、篩骨洞のう胞など

・K357 鼻内蝶形洞根治手術(手術番号14×10倍)
蝶形骨洞炎(慢性副鼻腔炎)、蝶形骨洞嚢胞など

・K358 上顎洞篩骨洞根治手術(手術番号14×10倍)
・K359 前頭洞篩骨洞根治手術(手術番号14×10倍)
・K360 篩骨洞蝶形洞根治手術(手術番号14×10倍)
・K361 上顎洞篩骨洞蝶形洞根治手術(手術番号14×10倍)
・K362 上顎洞篩骨洞前頭洞根治手術(手術番号14×10倍)
慢性副鼻腔炎、副鼻腔のう胞、副鼻腔真菌症など

・K362-2 経上顎洞顎動脈結紮術(手術番号7×20倍)
鼻出血症、鼻咽腔血管線維腫

・K363 前頭洞篩骨洞蝶形洞根治手術(手術番号14×10倍)
副鼻腔のう胞

・K364 汎副鼻腔根治手術(手術番号14×10倍)
慢性副鼻腔炎、副鼻腔のう胞

・K365 経上顎洞的翼突管神経切除術(手術番号57×20倍)
アレルギー性鼻炎、鼻咽頭炎など

スポンサーリンク

Ⅵ 咽頭、扁桃の手術、主な適応疾患

K370 アデノイド切除、K377 口蓋扁桃手術をはじめとして、咽頭手術は対象外がほとんどです。稀な例ですが、手術の際に”直達喉頭鏡”を使用した場合、60日に1回を限度として手術給付金支払とする保険会社もあります。

・K367 咽後膿瘍切開術
咽後膿瘍

・K368 扁桃周囲膿瘍切開術
扁桃周囲膿瘍

・K369 咽頭異物摘出術
咽頭異物

・K370 アデノイド切除術
アデノイド肥大

・K371 上咽頭腫瘍摘出術
・K371-2 上咽頭ポリープ摘出術
咽頭良性腫瘍、咽頭ポリープ

・K372 中咽頭腫瘍摘出術
中咽頭良性腫瘍

・K373 下咽頭腫瘍摘出術
下咽頭良性腫瘍

・K374 咽頭悪性腫瘍手術(軟口蓋悪性腫瘍手術を含む)(手術番号80×40倍
or82×20倍)
扁桃窩癌、口蓋弓癌、扁桃肉腫、喉頭蓋谷癌、中咽頭側壁癌、鰓原性癌、中咽頭悪性腫瘍など

・K375 鼻咽腔線維腫手術(手術番号14×10倍)
鼻咽腔線維腺腫、鼻咽腔血管線維腫

・K375-2 鼻咽腔閉鎖術
鼻咽頭閉鎖不全症

・K376 上咽頭悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
上咽頭上壁癌、鼻咽腔癌など

・K377 口蓋扁桃手術
慢性扁桃炎、扁桃肥大、睡眠時無呼吸症候群、習慣性アンギーナなど

・K378 舌扁桃切除術
舌扁桃炎、舌扁桃肥大

・K379 副咽頭間隙腫瘍摘出術(手術番号15×20倍)
副咽頭間隙腫瘍(耳下腺腫瘍、神経原性腫瘍など)

・K379-2 副咽頭間隙悪性腫瘍摘出術(手術番号80×40倍or82×20倍)
副咽頭間隙悪性腫瘍((耳下腺悪性腫瘍、神経原性悪性腫瘍など)

・K380 過長茎状突起切除術(手術番号5×20倍)
茎状突起過長症、咽喉頭食道神経症

・K381 上咽頭形成手術
鼻咽頭閉鎖不全症

・K382 咽頭瘻閉鎖術
咽頭瘻、咽頭先天奇形、下咽頭異常、顔面鼻咽腔症候群、梨状窩瘻など

・K382-2 咽頭皮膚瘻孔閉鎖術
咽頭皮膚瘻、唾液瘻

Ⅶ 喉頭、気管の手術、主な適応疾患

喉頭全摘をした場合、”言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの”として高度障害(保険金・保険料免除)に該当します。一般的な生命保険(死亡保障)の高度障害保険金のみならず、医療保険、がん保険などでも高度障害に該当すると、保険料免除される契約が少なくなりません。なお、告知緩和型医療保険では、高度障害保険料免除の規定がないのが一般的です。

もし喉頭全摘をしたら、高度障害保険金、保険料免除など請求漏れのないようにご注意いただければと思います。

・K383 喉頭切開・截開術(手術番号15×20倍)
仮性声帯麻痺、ゲルハルト症候群、喉頭麻痺、喉頭腫瘍、声帯腫瘍など

・K384 喉頭膿瘍切開術
喉頭蜂巣炎

・K384-2 深頚部膿瘍切開術
深頚部膿瘍

・K385 喉頭浮腫乱切術
喉頭浮腫

・K386 気管切開術(手術番号87×10倍)
喉頭腫瘍、喉頭損傷、喉頭異物、喉頭狭窄症、呼吸不全、肺水腫など

・K387 喉頭粘膜焼灼術(直達鏡によるもの)(手術番号87×10倍)
声帯ポリープ、喉頭白斑症、喉頭腫瘍など

・K388 喉頭粘膜下異物挿入術(手術番号87×10倍)
・K388-2 咽頭粘膜下軟骨片挿入術(手術番号87×10倍)
仮性声帯麻痺、ゲルハルト症候群、喉頭麻痺、反回神経麻痺、声帯溝症、声帯萎縮など

・K389 喉頭・声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡によるもの)(手術番号87×10倍)
声帯ポリープ、声帯結節症など

・K390 喉頭異物摘出術(直達喉頭鏡によるもの)(手術番号87×10倍)
喉頭異物

・K391 気管異物除去術(直達喉頭鏡によるもの)(手術番号87×10倍)
気管内異物など

・K392 喉頭蓋切除術
・K392-2 喉頭蓋嚢腫摘出術
喉頭蓋腫瘍、喉頭蓋腫瘍など

・K393 喉頭腫瘍摘出術(直達喉頭鏡によるもの)(手術番号87×10倍)
喉頭腫瘍、声帯腫瘍など

・K394 喉頭悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
喉頭の悪性腫瘍、声門癌、喉頭蓋癌など

・K395 喉頭、下咽頭悪性腫瘍手術(頚部、胸部、腹部等の操作による再建を含む
)手術番号80×40倍or82×20倍)
輪状後部癌、下咽頭癌、声門癌、頚部食道癌、甲状腺悪性腫瘍など

・K396 気管切開孔閉鎖術
・K396-2 気管縫合術
気管切開後機能障害、気管切開部出血・敗血症、気管食道瘻など

・K397 喉頭横隔膜切除術(ステント挿入固定術を含む)(手術番号15×20倍)
喉頭横隔膜症、声門下狭窄など

・K398 喉頭狭窄症手術(手術番号15×20倍)
喉頭損傷、喉頭肉芽腫、声門下喉頭狭窄症など

・K399 気管狭窄症手術(手術番号16×20倍)
気管狭窄症、喉頭狭窄症、喉頭閉塞

・K400 喉頭形成手術(手術番号15×20倍)
反回神経麻痺

・K401 気管口狭窄拡大術
気管口狭窄(気管切開機能障害)

・K402 縦隔気管口形成手術(手術番号16×20倍)
・K403 気管形成手術(管状気管、気管移植など)(手術番号16×20倍)
頸部損傷など

・K403-2 嚥下機能手術(手術番号15×20倍)
嚥下障害(脳血管障害、神経疾患、頸部外傷など)、誤嚥性肺炎

おすすめ記事

1

生命保険や医療保険、がん保険を比較するとき、必ずといっていいほど”保険料”と”保障”を比較、ランキング形式で紹介されています。ネットや雑誌のみならず、複数の保険会社を取り扱う来店型ショップ(ほけんの窓 ...

2

数年来、日本列島各地では夏場の猛暑により、”熱中症”になる方が増えています。「部活動中の中学生が熱中症で病院に搬送」とか、「節約のためにエアコンを我慢した高齢者が、自宅で熱中症になり緊急搬送」など、ニ ...

3

日本人女性の16人に1人が発症するといわれる乳がん。国立がん研究センターによると、乳がんの死亡者数は約13,000人、女性ではがん死亡全体の約9%です(2013年度)。乳がんの罹患数は約72,500人 ...

4

一寸先は闇・・・、何の前触れもなく、突然の不幸に見舞われるのが人生です。 健康はお金では買えませんが、万が一の病気や怪我に備えて、経済的な損失を準備するために”生命保険・医療保険・がん保険”などは存在 ...

5

現代の日本では、3人に1人がんで亡くなっています(年間30万人以上)。また、生涯でがんになる可能性は、男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測され、日本人にとって”がんは国民病”といっても過言ではあり ...

-手術
-,

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2017 AllRights Reserved.