保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

腹部(ヘルニア・虫垂炎・痔・ポリープなど)/医療保険・手術のすべて

更新日:

腹部の手術をご紹介します。腹部手術はK630~K753です。手術名称は代表例で表記しています。

正式な手術名とKコードが不明な場合は、手術をした病院(受付・医事課など)で確認するとよいですね。そのうえで、保険会社に請求対象かどうか、問い合わせするのかスムーズです。

手術料が算定されるすべての手術名・Kコードは、しろぼんねっとで検索できます。

なお、公的医療保険連動型、手術88種タイプ、手術の定義などについては、生命保険・医療保険・かんぽ・共済/”手術給付金”のすべてを、ご参照いただければ幸いです。

スポンサーリンク

公的医療保険(健康保険)連動型タイプ

公的医療保険(健康保険)連動型タイプでは、手術料が算定されていれば支払対象です。

手術88種タイプ

手術88種タイプでは、手術番号13・25・29・30・31・33・34・35・36・37・38・80・82・87のいずれかに該当すれば支払対象です。

◇筋骨の手術(抜釘術は除く)

手術番号 13 筋・腱・靭帯観血手術(手指・足指を除く。禁煙・結節腫・粘液腫手術は除く)(10倍)

◇循環器・脾の手術

手術番号 25 脾摘除術(20倍)

◇消化器の手術

手術番号 29 胃切除術(40倍)

手術番号 30 その他の胃・食道手術(開胸・開腹術を伴うもの)(20倍)

手術番号 31 腹膜炎手術(20倍)

手術番号 32 肝臓・胆嚢・胆道・膵臓観血手術(20倍)

手術番号 33  ヘルニア根本手術(10倍)

手術番号 34 虫垂切除術・盲腸縫縮術(10倍)

手術番号 35 直腸脱根本手術(20倍)

手術番号 36  その他の腸・腸間膜手術(開腹術を伴うもの)(20倍)

手術番号 37 痔瘻・脱肛・痔核根本手術(根治を目的としたもので、処置・単なる痔核のみの手術は除く)(10倍)

◇尿・性器の手術

手術番号 38 腎移植手術(受容者のみ)(40倍)

◇悪性新生物の手術

手術番号 80  悪性新生物根治手術(内視鏡または血管バスケットカテーテルによる手術を除く)(40倍)

手術番号 81  悪性新生物温熱療法(施術の開始日から60日の間に1回の給付を限度とする)(10倍)

手術番号 82  その他の悪性新生物手術(内視鏡または血管バスケットカテーテルによる手術を除き、乳房再建術を含む。ただし、乳房再建術は一乳房につき1回の給付を限度とする。)(20倍)

◇上記以外の手術

手術番号 85 上記以外の開腹術(10倍)

手術番号 86 衝撃波による体内結石破砕術(施術の開始日から60日の間に1回の給付を限度とする)(20倍)

手術番号 87 ファイバースコープまたは血管・バスケットカテーテルによる脳・喉頭・胸・腹部臓器手術(検査・処置は含まない。施術の開始日から60日の間に1回の給付を限度とする。)(10倍)

Ⅰ 腹壁、ヘルニアの手術、主な適応疾患

・K630  腹壁膿瘍切開術
腹壁膿瘍

・K631  腹壁瘻手術(手術番号13×10倍or85×10倍)
腹壁膿瘍、腹壁瘻孔

・K632  腹壁腫瘍摘出術(手術番号13×10倍)
腹部皮膚良性腫瘍(脂肪腫、線維腫、血管腫など)、デスモイド

・K633  ヘルニア手術(手術番号33×10倍)
腹壁瘢痕ヘルニア、半月状線ヘルニア(腹壁ヘルニア)、正中腹壁ヘルニア、腹直筋離開症、臍ヘルニア、臍帯ヘルニア、外鼡径ヘルニア、内鼡径ヘルニア、大腿ヘルニア、腰ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、坐骨ヘルニア、会陰ヘルニア、内ヘルニア、脱腸など

・633-2  腹腔鏡下ヘルニア手術(手術番号33×10倍)
腹壁瘢痕ヘルニア、半月線ヘルニア、白線ヘルニア、臍ヘルニア、大腿ヘルニア

・K634  腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)(手術番号33×10倍)
外鼡径ヘルニア、内鼡径ヘルニア

Ⅱ  腹膜、後腹膜、腸間膜、網膜の手術、主な適応疾患

・K635  胸水・腹水濾過濃縮再静注法
胸水貯留、難治性腹水、肝性腹水、癌性腹水

・K635-2  腹腔・静脈シャントバルブ設置術(手術番号87×10倍)
難治性腹水、肝性腹水

・K635-3  連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術(手術番号85×10倍)
慢性腎不全

・K636  試験開腹術(手術番号85×10倍)
消化器(悪性)腫瘍、腹部(悪性)腫瘍

・K636-2  ダメージコントロール手術(※手術内容により異なる)
腹部重度外傷(管損傷、膵損傷、腹部大血管損傷、腎損傷、消化管損傷、骨盤損傷など)

・K636-3  腹腔鏡下試験開腹術(手術番号85×10倍)
・K636-4  腹腔鏡下試験切除術(手術番号85×10倍)
消化器悪性腫瘍、腹部悪性腫瘍、結核性腹膜炎、その他の腹膜炎

・K637  限局性腹腔膿瘍手術(手術番号31×20倍)
・K637-2  経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術(手術番号87×10倍)
腹腔内膿瘍、横隔膜下膿瘍、ダグラス窩膿瘍、虫垂周囲膿瘍

・K638  骨盤腹膜外膿瘍切開排膿術(手術番号85×10倍)
骨盤膿瘍、後腹膜膿瘍

・K639  急性汎発性腹膜炎手術(手術番号31×20倍)
急性汎発性腹膜炎

・K639-2  結核性腹膜炎手術(手術番号31×20倍)
結核性腹膜炎

・K639-3  腹腔鏡下汎発性腹膜炎手術(手術番号31×20倍)
急性汎発性腹膜炎

・K640  腸間膜損傷手術(手術番号36×20倍)
開放性腸間膜損傷、閉鎖性腸間膜膜損傷、外傷性腹腔内出血

・K641  大網切除術(手術番号85×10倍)
大網膿瘍、大網梗塞、大網捻転症、大網癒着

・K642  大網、腸間膜、後腹膜腫瘍摘出術(手術番号30×20倍or36×20倍)
・K642-2  腹腔鏡下後腹膜腫瘍摘出術(手術番号30×20倍)
・K642-3  腹腔鏡下小切開後腹膜腫瘍摘出術(手術番号30×20倍)
大網腫瘍、大網脂肪肉腫、腸間膜のう腫、腸間膜脂肪腫、腸間膜腫瘍、後腹膜腫瘤、後腹膜良性腫瘍

・K643  後腹膜悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
・K643-2  腹腔鏡下小切開後腹膜悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
後腹膜脂肪肉腫、悪性リンパ腫、平滑筋肉腫、横紋筋肉腫、線維肉腫、神経芽腫など

・K644  臍腸管瘻手術(手術番号36×20倍)
臍腸管遺残

・K645  骨盤内臓全摘術(手術番号80×40倍or82×20倍)
骨盤内悪性腫瘍(直腸癌、子宮癌、膀胱癌、前立腺癌など)

Ⅲ 胃、十二指腸の手術、主な適応疾患

・K646  胃血管結紮術(急性胃出血手術)(手術番号85×10倍)
胃潰瘍、マロリ・ワイス症候群

・K647  胃縫合術(大網充填術又は被覆術を含む。)(手術番号30×20倍)
開放性胃破裂、開放性胃損傷、閉鎖性胃破裂、急性十二指腸潰瘍穿孔など

・K647-2  腹腔鏡下胃、十二指腸潰瘍穿孔縫合術(手術番号30×20倍)
急性胃潰瘍穿孔、急性十二指腸潰瘍穿孔

・K648  胃切開術(手術番号30×20倍)
胃内異物、胃石症

・K649  胃吊上げ固定術(胃下垂症手術)、胃捻転症手術(手術番号30×20倍)
・K649-2  腹腔鏡下胃吊上げ固定術(胃下垂症手術)(手術番号30×20倍)
胃下垂、胃捻転症(胃軸捻症)

・K651  内視鏡的胃、十二指腸ステント留置術(手術番号87×10倍)
胃癌、胆嚢癌、胆道癌、膵臓癌、十二指腸乳頭部癌

・K652  胃、十二指腸憩室切除術・ポリープ切除術(開腹によるもの)(手術番号30×20倍)
胃憩室症、胃ポリープ、十二指腸憩室症、十二指腸ポリープ

・K653  内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(手術番号87×10倍)
胃ポリープ、十二指腸ポリープ、早期胃癌、(早期)十二指腸癌、胃腺腫、十二指腸ブルンネル腺腫

ご参考 ⇒ 大腸・胃ポリープの内視鏡切除・検査/医療保険・手術の支払事情

・K653-2  食道・胃内異物除去摘出術(マグネットカテーテルによるもの)(手術番号87×10倍)
食道異物、胃内異物

・K653-3  内視鏡的食道及び胃内異物摘出術(手術番号87×10倍)
食道下端異物(食道異物)、胃内異物、アニサキス症

・K653-4  内視鏡的表在性胃悪性腫瘍光線力学療法(手術番号87×10倍)
(表在性)早期胃癌

・K653-5  内視鏡的胃、十二指腸狭窄拡張術(手術番号87×10倍)
(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃切除術後、胃癌、胆嚢癌、胆道癌、膵臓癌、十二指腸癌、十二指腸乳頭部癌、クローン病などによる胃の)幽門狭窄、十二指腸狭窄症

・K654  内視鏡的消化管止血術(手術番号87×10倍)
消化管出血、食道癌、胃癌、十二指腸癌、胃潰瘍、胃穿孔、十二指腸穿孔、肝硬変

※K653と60日制限になるかどうかは、保険会社により異なる

・K654-2  胃局所切除術(手術番号29×40倍)
胃線維腫、胃平滑筋腫、胃平滑筋肉腫、胃間葉系腫瘍(GIST)、早期胃癌

・K654-3  腹腔鏡下胃局所切除術(手術番号29×40倍)
胃粘膜下腫瘍(平滑筋腫、平滑筋肉腫、GISTなど)

・K655  胃切除術(手術番号29×40倍)
・K655-2  腹腔鏡下胃切除術(手術番号29×40倍)
胃潰瘍、胃平滑筋腫、胃平滑筋肉腫、胃間葉系腫瘍、胃癌、胃悪性リンパ腫

・K655-3  十二指腸窓(内方)憩室摘出術(手術番号29×40倍)
十二指腸窓(内方)憩室(十二指腸憩室症)

・K655-4  噴門側胃切除術(手術番号29×40倍)
・K655-5 腹腔鏡下噴門側胃切除術(手術番号29×40倍)
胃潰瘍、胃平滑筋腫、胃平滑筋肉腫、胃間葉系腫瘍、胃癌、胃悪性リンパ腫

・K656  胃縮小術(手術番号30×20倍)
・K656-2  腹腔鏡下胃縮小術(スリーブ状切除によるもの)(手術番号29×40倍)
肥満症

・K657  胃全摘術(手術番号29×40倍)
・K657-2  腹腔鏡下胃全摘術(手術番号29×40倍)
胃潰瘍、胃平滑筋腫、胃平滑筋肉腫、胃間葉系腫瘍、胃癌、胃悪性リンパ腫

・K659  食道下部迷走神経切除術(幹迷切)(胃切除あり:手術番号29×40倍、胃切除なし手術番号57×20倍)
・K659-2  腹腔鏡下食道下部迷走神経切断術(幹迷切)(胃切除あり:手術番号29×40倍、胃切除なし手術番号57×20倍)
・K660  食道下部迷走神経選択的切除術(胃切除あり:手術番号29×40倍、胃切除なし手術番号57×20倍)
・K660-2  腹腔鏡下食道下部迷走神経選択的切除術(胃切除あり:手術番号29×40倍、胃切除なし手術番号57×20倍)
十二指腸潰瘍

・K661  胃冠状静脈結紮及び切除術(手術番号30×20倍)
食道静脈瘤、胃静脈瘤

・K662  胃腸吻合術(ブラウン吻合を含む。)(手術番号30×20倍)
・K662-2  腹腔鏡下胃腸吻合術
胃癌、膵癌、胆のう癌、胆管癌、十二指腸がんなどによる幽門狭窄症、(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃切除術後、クローン病などの)幽門狭窄、十二指腸狭窄症

・K663  十二指腸空腸吻合術(手術番号36×20倍)
上腸間膜動脈圧迫による十二指腸閉塞、輪上膵、膵癌

・K664  胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。)(開腹:手術番号30×20倍、カテーテル:手術番号87×10倍)
嚥下障害、誤嚥性肺炎、咽頭癌、喉頭癌、食道癌、食道裂孔、食道狭窄、クローン病

・K664-2  経皮経食道胃管挿入術(PTEG)(手術番号87×10倍)
(胃瘻造設が困難な)嚥下障害、誤嚥性肺炎、腸閉そく、脳室腹腔シャント例など

・K665  胃瘻閉鎖術(開腹:手術番号30×20倍、カテーテル:手術番号87×10倍)
・K665-2  胃瘻抜去術
胃瘻造設状態

・K666  幽門形成術(粘膜外幽門筋切開術を含む。)(手術番号30×20倍)
・K666-2  腹腔鏡下幽門形成術(手術番号30×20倍)
幽門狭窄症、十二指腸潰瘍、先天性肥厚性幽門狭窄症、食道離断術時併施、食道切除時併施、噴門側胃切除時併施

・K667  噴門形成術(手術番号30×20倍)
・K667-2  腹腔鏡下噴門形成術(手術番号30×20倍)
食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、食道拡張症、食道アカラシア

・K667-3  腹腔鏡下食道噴門部縫縮術(手術番号87×10倍)
逆流性食道炎

・K668  胃横断術(静脈瘤手術)(手術番号29×40倍)
食道静脈瘤、胃静脈瘤、門脈圧亢進症

Ⅳ  胆嚢、胆道の手術、主な適応疾患

・K669  胆管切開術(手術番号32×20倍)
総胆管結石、肝内結石症、閉塞性黄疸、急性胆管炎、ミリッチ症候群

・K670  胆嚢切開結石摘出術(手術番号32×20倍)
胆のう結石症

・K671  胆管切開結石摘出術(チューブ挿入を含む。)(手術番号32×20倍)
・K671-2  腹腔鏡下胆管切開結石摘出術(手術番号32×20倍)
総胆管結石、肝内結石症、ミリッチ症候群

・K672  胆嚢摘出術(手術番号32×20倍)
・K672-2  腹腔鏡下胆嚢摘出術(手術番号32×20倍)
胆のう炎、胆のう結石症、胆のうポリープ、胆のう腺筋腫症、胆のう良性腫瘍、異所性胆のう、重複胆のう

・K673  胆管形成手術(胆管切除術を含む。)(手術番号32×20倍)
総胆管狭窄症、総胆管閉塞症、胆管狭窄症、後天性胆管狭窄症

・K674  総胆管拡張症手術(手術番号32×20倍)
先天性胆道拡張症

・K675  胆嚢悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
胆のう癌、胆のう肉腫

・K677  胆管悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
・K677-2  肝門部胆管悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
胆管癌(上・中部胆管癌、下部胆管癌)、肝門部胆管癌

・K678  体外衝撃波胆石破砕術(一連につき)(手術番号86×20倍)
胆のう結石症、総胆管結石、肝内結石症

・K679  胆嚢胃(腸)吻合術胆嚢胃(腸)吻合術(手術番号32×20倍)
膵頭部癌、株胆管癌、乳頭部癌(膵頭部癌、十二指腸乳頭部癌)、十二指腸癌

・K680  総胆管胃(腸)吻合術(手術番号32×20倍)
膵頭部癌、株胆管癌、十二指腸乳頭癌、慢性膵炎などによる総胆管狭窄症

・K681  胆嚢外瘻造設術(手術番号32×20倍)
急性胆のう炎、閉塞性黄疸

・K682  胆管外瘻造設術(手術番号32×20倍)
・K682-2  経皮的胆管ドレナージ術(手術番号87×10倍)
・K682-3  内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)(手術番号87×10倍)
・K682-4  超音波内視鏡下瘻孔形成術(腹腔内膿瘍に関するもの)(手術番号87×10倍)
急性閉塞性化膿性胆管炎、閉塞性黄疸(総胆管結石、膵頭部癌、下部胆管癌、乳頭部癌、十二指腸癌など)、腹腔内膿瘍、仮性膵のう胞、膵膿瘍

・K684  先天性胆道閉鎖症手術(手術番号32×20倍)
先天性胆道閉鎖症

・K685  内視鏡的胆道結石除去術(手術番号87×10倍)
遺残胆管結石症、(遺残胆石症、胆管結石症)

・K686  内視鏡的胆道拡張術(手術番号87×10倍)
良性胆管狭窄、肝内胆管癌、肝外胆管癌

・K687  内視鏡的乳頭切開術(手術番号87×10倍)
総胆管結石、遺残結石、十二指腸乳頭狭窄、胆道ジスキネジア

・K688  内視鏡的胆道ステント留置術(手術番号87×10倍)
・K689  経皮経肝胆管ステント挿入術(手術番号87×10倍)
良性胆管狭窄、閉塞性黄疸(膵頭部癌、胆管癌、十二指腸癌など)

Ⅴ 肝の手術、主な適応疾患

・K690  肝縫合術(手術番号32×20倍)
肝損傷、肝破裂(外傷性肝破裂)

・K691  肝膿瘍切開術(手術番号32×20倍)
・K691-2  経皮的肝膿瘍ドレナージ術(手術番号87×10倍)
肝膿瘍

・K692  肝嚢胞切開又は縫縮術(手術番号32×20倍)
・K692-2  腹腔鏡下肝嚢胞切開術(手術番号32×20倍)
肝のう胞

・K693  肝内結石摘出術(開腹)(手術番号32×20倍)
肝内結石症

・K694  肝嚢胞、肝膿瘍摘出術
肝のう胞、肝膿瘍、肝包虫症

・K695  肝切除術(手術番号32×20倍or80×40倍or82×20倍)
・K695-2  腹腔鏡下肝切除術(手術番号32×20倍or80×40倍or82×20倍)
肝細胞癌、転移性肝がん、肝腫瘍、肝内結石、肝包虫など

・K696  肝内胆管(肝管)胃(腸)吻合術(手術番号32×20倍)
閉塞性黄疸、胆のう癌、胆管癌、膵癌

・K697  肝内胆管外瘻造設術(手術番号32×20倍)
閉塞性黄疸、急性胆管炎、肝内結石症、総胆管結石症、胆のう癌、胆管癌、膵癌

・K697-2  肝悪性腫瘍マイクロ波凝固法(一連として)(手術番号81×10倍)
・K697-3  肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)(手術番号81×10倍)
原発性肝癌、転移性肝癌、肝悪性腫瘍

・K697-4  移植用部分肝採取術(生体) ※公的医療医療保険連動型も対象外
生体肝移植におけるドナー手術(肝移植ドナー)

・K697-5  生体部分肝移植術(手術番号32×20倍) ※受容者(レシピエント)に限る
・K696-6  移植用肝採取術(死体)
・K697-7  同種死体肝移植術(手術番号32×20倍) ※受容者(レシピエント)に限る
先天性胆道閉鎖症、アラジール症候群、バッド・キアリ症候群、先天性代謝異常症、原発性胆汁性肝硬変、家族性アミロイドポリニューロパチー、多発性肝のう胞、先天性肝内胆管拡張症、劇症肝炎、肝芽腫、肝細胞癌、原発性硬化性胆管炎、ウイルス性肝硬変

Ⅵ 膵の手術、主な適応疾患

・K698  急性膵炎手術(手術番号32×20倍)
急性膵炎

・K699  膵結石手術(手術番号32×20倍)
・K699-2  体外衝撃波膵石破砕術(一連につき)(手術番号86×20倍)
膵石、慢性膵炎

・K700  膵中央切除術(手術番号32×20倍)
膵島腺腫、奬液性嚢胞腫瘍、膵肝内乳頭粘液性腫瘍、転移性膵腫瘍

・K701  膵破裂縫合術(手術番号32×20倍)
膵臓破裂、膵損傷、膵液瘻

・K702  膵体尾部腫瘍切除術(手術番号32×20倍)
・K702-2  腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術(手術番号32×20倍)
膵体尾部癌、膵島腫瘍(膵体尾部腫瘍、良性膵内分泌腫瘍)、膵のう胞性腫瘍(膵粘液性のう胞腫瘍など)、膵肝内乳と粘液性腫瘍(IPMN)、転移性膵腫瘍、慢性膵炎

・K703  膵頭部腫瘍切除術(手術番号29×40倍or32×20倍)
・K704  膵全摘術(手術番号29×40倍)
膵頭部領域癌(膵頭部癌、中・下部胆管癌、十二指腸乳頭部癌、十二指腸癌)、膵芽腫、悪性膵内分泌腫瘍、膵粘液性のう腺癌、膵肝内乳頭粘液性腫瘍(IPMN),転移性膵腫瘍、小腸間葉系腫瘍(GIST)など

・K705  膵嚢胞胃(腸)吻合術(手術番号32×20倍)
仮性膵のう胞、感染性膵のう胞

・K706  膵管空腸吻合術(手術番号32×20倍)
慢性膵炎、膵石

・K707  膵嚢胞外瘻造設術(開腹:手術番号32×20倍、カテーテル:手術番号87×10倍)
仮性膵のう胞、感染性膵のう胞

・K708  膵管外瘻造設術(開腹:手術番号32×20倍、カテーテル:手術番号87×10倍)
・K708-2  膵管誘導手術(手術番号32×20倍)
・K708-3  内視鏡的膵管ステント留置術(手術番号87×10倍)
慢性膵炎、膵石、急性膵炎(仮性膵のう胞、膵腫瘍)

・K709  膵瘻閉鎖術(手術番号32×20倍)
膵液瘻

・K709-2  移植用膵採取術(死体)
脳死膵移植におけるドナー手術

・K709-3  同種死体膵移植術(手術番号32×20倍)※受容者のみ
1型登場病

・K709-4  移植用膵腎採取術(死体)
脳死膵腎移植によるドナー手術

・K709-5  同種死体膵腎移植術(手術番号38×40倍)※受容者のみ
1型糖尿病で腎不全を合併しているもの

Ⅶ 脾の手術、主な適応疾患

・K710  脾縫合術(部分切除を含む。)(手術番号25×20倍)
脾損傷(外傷性および術中副損傷)

・K711  脾摘出術(手術番号25×20倍)
・K711-2  腹腔鏡下脾摘出術(手術番号25×20倍)
外傷性脾破裂、脾腫瘍、先天性溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、肝硬変症

Ⅷ  空腸、回腸、盲腸、虫垂、結腸の手術、主な適応疾患

・K712  破裂腸管縫合術(手術番号36×20倍)
外傷性腸管破裂(開放性腸管破裂、交通外傷、銃創など)

・K713  腸切開術(手術番号36×20倍)
腸管内異物(小腸内異物、直腸内異物、直腸S状結腸異物など)、小腸・大腸ポリープ、小腸・台帳良性腺腫、大腸良性腫瘍、(特発性)小腸潰瘍出血

・K714  腸管癒着症手術(手術番号36×20倍)
・K714-2  腹腔鏡下腸管癒着剥離術(手術番号36×20倍)
癒着性イレウス

・K715  腸重積症整復術(観血:手術番号36×20倍、非観血:対象外)
腸重積症

・K716  小腸切除術(手術番号36×20倍)
・K716-2  腹腔鏡下小腸切除術(手術番号36×20倍)
(外傷性)腸管破裂、腸管挫滅(腸管損傷)、腸重積症、絞扼性腸閉塞(癒着性イレウス)、(特発性)小腸潰瘍・穿孔、腸チフス、腸管ベーチェット病、クローン病、小腸良性腫瘍(小腸腫瘍、転移性小腸腫瘍、小腸脂肪腫など)、小腸がん、小腸GIST

・K717  小腸腫瘍、小腸憩室摘出術(メッケル憩室炎手術を含む。)(手術番号36×20倍)
小腸腫瘍、小腸憩室症(メッケル憩室を含む)

・K718  虫垂切除術(手術番号31×20倍or34×10倍)※虫垂周囲膿瘍・腹膜炎の併発有無により
・K718-2  腹腔鏡下虫垂切除術(手術番号31×20倍or34×10倍)※虫垂周囲膿瘍・腹膜炎の併発有無により
急性虫垂炎、慢性虫垂炎、虫垂良性腫瘍

・K719  結腸切除術(手術番号36×20倍)
・K719-2  腹腔鏡下結腸切除術(手術番号36×20倍)
腸結核、虚血性腸炎、大腸クローン病、外傷性腸管損傷(開放性腸管損傷、腸管損傷など)、S状結腸軸捻転、嵌頓ヘルニア(腹部ヘルニア)による腸壊死、ヒルシュスプルング病、二次性腸閉塞症(イレウス)、潰瘍性大朝鮮、大腸ポリポーシス、大腸クローン病、多発性全結腸憩室症出血

・K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 (手術番号80×40倍or82×20倍)
結腸癌

・K719-4  ピックレル氏手術(手術番号35×20倍)
弁失禁、外傷性肛門括約筋不全

・K719-5  全結腸・直腸切除嚢肛門吻合術(手術番号36×20倍)
潰瘍性大腸炎、大腸ポリポーシス、大腸クローン病、大腸多発ポリープ

・K720  結腸腫瘍(回盲部腫瘍摘出術を含む。)、結腸憩室摘出術、結腸ポリープ切除術(開腹によるもの)(開腹:手術番号36×20倍、内視鏡87×10倍)
結腸腫瘍、大腸ポリープ、結腸憩室炎

・K721  内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(手術番号87×10倍)
・K721-2  内視鏡的大腸ポリープ切除術(手術番号87×10倍)
・K721-3  内視鏡的結腸異物摘出術(手術番号87×10倍)
・K721-4  早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術(手術番号87×10倍)
大腸ポリープ、大腸早期癌(大腸癌、大腸カルチノイドなど)、結腸ポリープ、結腸異物

ご参考 ⇒ 大腸・胃ポリープの内視鏡切除・検査/医療保険・手術の支払事情

・K722  小腸結腸内視鏡的止血術(手術番号87×10倍)
クリップによる止血後、血管形成異常(末梢血管奇形)、大腸憩室出血(腸憩室)、大腸ポリープ、内視鏡的切除後出血(術後合併症)

・K724  腸吻合術(手術番号36×20倍)
クローン病、腸結核、大腸悪性腫瘍(大腸癌、大腸悪性リンパ腫など)、腸癒着症(腸管癒着)、腸結核

・K725  腸瘻、虫垂瘻造設術(開腹:手術番号36×20倍、内視鏡87×10倍)
・K725-2  腹腔鏡下腸瘻、虫垂瘻造設術(手術番号36×20倍)
結腸悪性腫瘍(結腸癌、大腸癌)による腸閉塞(結腸閉塞)、潰瘍性大腸炎、大腸腺腫症、結腸全摘術後(大腸全摘術後)、癌性腹膜炎

・K726  人工肛門造設術(手術番号36×20倍)
・K726-2  腹腔鏡下人工肛門造設術(手術番号36×20倍)
大腸癌腸閉塞(結腸閉塞)、癌性腹膜炎、(術後)縫合不全、大腸癌、直腸癌、直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病、直腸・肛門損傷、肛門狭窄(クローン病など)

・K727  腹壁外腸管前置術(手術番号36×20倍)
(広範)腸壊死

・K728  腸狭窄部切開縫合術(手術番号36×20倍)
クローン病、腸狭窄、腸結核による狭窄

・K729  腸閉鎖症手術(手術番号36×20倍)
・K729-2  多発性小腸閉鎖症手術(手術番号36×20倍)
・K729-3  腹腔鏡下腸閉鎖症手術(手術番号36×20倍)
先天性腸管閉鎖症、多発性小腸閉鎖症、癌性腹膜炎

・K730  小腸瘻閉鎖術(手術番号36×20倍)
・K731  結腸瘻閉鎖術(手術番号36×20倍)
・K732  人工肛門閉鎖術(手術番号36×20倍)
大腸全摘術後、大腸癌、イレウス、(大腸癌)縫合不全、小腸瘻、結腸瘻、直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病、直腸癌、人工肛門形成状態

・K733  盲腸縫縮術(手術番号34×10倍)
移動性盲腸

・K734-2  腹腔鏡下腸回転異常症手術(手術番号36×20倍)
腸回転異常

・K735  先天性巨大結腸症手術(手術番号36×20倍)
・K735-2  小腸・結腸狭窄部拡張術(内視鏡によるもの)(手術番号87×10倍)
・K735-3  腹腔鏡下先天性巨大結腸症手術(手術番号36×20倍)
ヒルシュスプルング病

・K735-4  下部消化管ステント留置術(手術番号87×10倍)
大腸癌による腸閉塞、小腸クローン病による狭窄

・K736  人工肛門形成術(手術番号36×20倍)
人工肛門変形、人工肛門狭窄、人工肛門脱出

Ⅸ 直腸の手術、主な適応疾患

・K737  直腸周囲膿瘍切開術
肛門周囲膿瘍、直腸周囲膿瘍

・K738  直腸異物除去術(開腹:手術番号36×20倍、内視鏡87×10倍)
直腸内異物

・K739  直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)(手術番号87×10倍)
・K739-2  経肛門的内視鏡下手術(直腸腫瘍に限る)(手術番号87×10倍)
・K739-3  低侵襲経肛門的局所切除術(MITAS)
直腸腫瘍、直腸ポリープ、直腸早期癌(直腸癌)、(直腸)粘膜下腫瘍、直腸カルチノイド

・K740  直腸切除・切断術(良性36×20倍・悪性80×40倍or82×20倍)
・K740-2  腹腔鏡下直腸切除・切断術(良性36×20倍・悪性80×40倍or82×20倍)
直腸悪性腫瘍(直腸癌、悪性リンパ腫、悪性黒色腫、肉腫など)、クローン病、腸管の先天異常

・K741  直腸狭窄形成手術(開腹:手術番号36×20倍、内視鏡87×10倍)
(直腸)吻合部狭窄、直腸狭窄

・K742  直腸脱手術(手術番号35×20倍)
・K742-2  腹腔鏡下直腸脱手術(手術番号35×20倍)
直腸脱、完全直腸脱

Ⅹ 肛門、その周辺の手術、主な適応疾患

・K743  痔核手術(脱肛を含む。)(手術番号37×10倍or対象外)
内痔核、肛門脱、血栓性外痔核

ご参考 ⇒ 痔核(いぼ痔)・裂肛(切れ痔)・痔瘻/医療保険・手術の支払事情

・K743-2  肛門括約筋切開術(手術番号13×10倍)
裂肛、ホワイトヘッド肛門

・K743-3  脱肛根治手術(手術番号37×10倍)
肛門脱(脱肛)

・K743-4  痔核手術後狭窄拡張手術
肛門括約筋狭窄(肛門狭窄)

・K743-5  モルガニー氏洞及び肛門管切開術
・K743-6  肛門部皮膚剥離切除術
肛門そう痒症

・K744  裂肛又は肛門潰瘍根治手術(手術番号37×10倍)
慢性裂肛、肛門狭窄

・K745  肛門周囲膿瘍切開術
肛門周囲膿瘍

・K746  痔瘻根治手術(手術番号37×10倍)
痔瘻、クローン病による痔瘻

・K746-2  高位直腸瘻手術(手術番号36×20倍)
直腸瘻

・K747  肛門良性腫瘍、肛門ポリープ、肛門尖圭コンジローム切除術
肛門腫瘍、肛門ポリープ、肛門尖圭コンジローマ

・K748  肛門悪性腫瘍手術(手術番号80×40倍or82×20倍)
肛門癌、悪性黒色腫、乳房外パジェット病、肉腫

・K749  肛門拡張術(観血的なもの)
肛門括約筋狭窄、クローン病、裂肛

・K750  肛門括約筋形成手術(手術番号13×10倍)
外所性肛門括約筋断裂(肛門括約筋不全)

・K751  鎖肛手術(開腹:手術番号36×20倍、開腹以外:対象外)
鎖肛

・K751-2  仙尾部奇形腫手術(手術番号8×20倍)
仙尾部奇形腫

・K751-3  腹腔鏡下鎖肛手術(手術番号36×20倍)
鎖肛

・K752  肛門形成手術(手術番号35×20倍or37×10倍or対象外)
肛門括約筋狭窄(肛門狭窄)、直腸脱膜脱症候群(直腸粘膜脱)、ホワイトヘッド
アヌス

・K753  毛巣嚢、毛巣瘻、毛巣洞手術
毛巣のう胞、毛巣洞

おすすめ記事

1

生命保険や医療保険、がん保険を比較するとき、必ずといっていいほど”保険料”と”保障”を比較、ランキング形式で紹介されています。ネットや雑誌のみならず、複数の保険会社を取り扱う来店型ショップ(ほけんの窓 ...

2

数年来、日本列島各地では夏場の猛暑により、”熱中症”になる方が増えています。「部活動中の中学生が熱中症で病院に搬送」とか、「節約のためにエアコンを我慢した高齢者が、自宅で熱中症になり緊急搬送」など、ニ ...

3

日本人女性の16人に1人が発症するといわれる乳がん。国立がん研究センターによると、乳がんの死亡者数は約13,000人、女性ではがん死亡全体の約9%です(2013年度)。乳がんの罹患数は約72,500人 ...

4

一寸先は闇・・・、何の前触れもなく、突然の不幸に見舞われるのが人生です。 健康はお金では買えませんが、万が一の病気や怪我に備えて、経済的な損失を準備するために”生命保険・医療保険・がん保険”などは存在 ...

5

現代の日本では、3人に1人がんで亡くなっています(年間30万人以上)。また、生涯でがんになる可能性は、男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測され、日本人にとって”がんは国民病”といっても過言ではあり ...

-手術
-,

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2017 AllRights Reserved.