保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

引受基準緩和型・限定告知型の医療保険/告知書の書き方&注意点とは?

更新日:

健康なときには保険の勧誘を鬱陶しく感じたり、結婚や出産でもなければ保険について真剣に考える機会も少ないものです。しかし、いざ病気になってから入院費用や生活費が心配になり、新しい保険に加入しようと思っても後の祭りです。

医師の診察を受けたり、健康診断で異常を指摘されたりすると、一般的な医療保険やがん保険といった費用対効果の高い保険に加入することは難しいです。

保険会社によって、保障内容・保険料だけではなく告知内容も特徴があります。

今回は、アフラック・東京海上日動あんしん、オリックス・メットライフ・損保ジャパン日本興亜ひまわり・アクサ・メディケア、以上7社について告知書の書き方&注意点を紹介します。

スポンサーリンク

アフラック/ちゃんと応える医療保険・やさしいEVER

最初にアフラック/告知書の内容、項目ごとの詳細とポイントを解説します。”やさしいEVER”という商品名とは裏腹に、加入条件は比較的厳しめです。

ただし、下記告知項目にない病気の手術が、1年以内に限定されているのはプラス材料ですね。ご注意点として、手術はしていなくてもポリープ・腫瘍(しゅよう)などで、経過観察を指示されている場合は、告知の対象になります。

1.現在入院中ですか?または 過去1年以内に 入院注1手術注2先進医療注3検査注4をすすめられたことがありますか?(ただし、診療完了した場合は除きます。)
  • 注1:「入院」からは、正常分娩のための入院は除きます。
  • 注2:「手術」には、帝王切開、内視鏡・レーザー・カテーテルによるものも含みます。
  • 注3:「先進医療」には、歯科でおこなう先進医療を含みます。
  • 注4:質問1の「検査」とは、健康診断・人間ドックまたは医療機関を受診した結果、診断確定のためにすすめられた再検査・精密検査をいいます。
2.過去2年以内表Aの病気で入院をしたことがありますか?
表A
  • 糖尿病 (高血糖や糖尿病の疑いを含む)
  • 慢性気管支炎
  • 脳卒中★1
  • 慢性肝炎 (慢性C型肝炎、慢性B型肝炎を含む)
  • 心筋こうそく
  • かいよう性大腸炎
  • 狭心症
  • クローン病
  • 不整脈
  • リウマチ、こうげん病★2
  • 気管支ぜんそく
  • うつ病、神経症、パニック障害、不眠症およびこれら4つの病気の症状として現れたうつ状態
3.過去5年以内表Bの病気や異常で医師の診察・検査・治療・投薬注5をうけたことがありますか?
表B
  • 糖尿病の合併症 (網膜症・眼底出血、腎症、下腿皮膚かいよう・えそに限る)
  • がん(悪性新生物)★3 (過去5年以内に診断確定・治療・投薬のいずれかがあるものに限る)
  • 心臓病・動脈の疾患★4心筋こうそく、狭心症、不整脈、脳動脈瘤を除く)
  • 慢性腎不全  (透析をうけたものに限る)
  • 慢性の呼吸器の不全  (酸素療法をうけたものに限る)
  • 肺気腫、肺線維症
  • 肝硬変
  • 脳・神経の病気や異常★5
  • 認知症
  • アルコール・薬物依存症
  • そう病、そううつ病、統合失調症、その他の精神の病気や異常
    (うつ病、神経症、パニック障害、不眠症およびこれら4つの病気の症状として現れたうつ状態を除く)
  • 免疫不全症
  • 原発性筋障害★6

注5 :再発予防のための投薬も含みます

病名で線引きすることなく、症状や治療状況によって加入余地を残しているところがポイントですね。

上記1~3に該当しなければ、加入できます。さらに、三大疾病一時金特約、三大疾病保険料免除特約を付けたい場合は、下記4~6も告知が必要です。

4.今までに がん(悪性新生物)★3にかかったことがありますか?
5.現在 表C の病気や検査の異常で、治療中・検査中・経過観察中ですか?または 最近3ヵ月以内に 表C の病気や検査の異常で、治療・検査をうけるようすすめられたことがありますか?
表C
しゅようマーカーの異常★7 CEA、AFP、CA19-9、PSA
検診の異常 肺の検査、胃腸の検査、マンモグラフィー検査、その他のがん検診
その他 しゅよう、しこり、貧血、病理検査・細胞診異常(異型細胞、異形成、異常な細胞)

ただし、<検診の異常>と<その他>のしゅよう・しこり・貧血については、がん(悪性新生物)★3やその疑いが否定された場合は除きます。

6.過去2年以内に 表D の病気やその疑いで医師の診察検査治療投薬注5をうけたことがありますか?(ただし、 表D の病気やその疑いが否定された場合は除きます。)
表D
  • 虚血性心疾患(心筋こうそく、狭心症、急性冠症候群)
  • 脳卒中★1
  • 一過性脳虚血発作
  • 膀胱しゅよう
  • GIST(ジスト、ギスト)
  • カルチノイド
  • 注5 :再発予防のための投薬も含みます。

病名などの解説

  • ★1:脳卒中とは、くも膜下出血、脳出血、脳内出血、脳こうそくなどをいいます。
  • ★2:こうげん病とは、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、リウマチ熱、多発性筋炎・皮膚筋炎、強皮症、結節性多発動脈炎・結節性動脈周囲炎をいいます。
  • ★3:がん(悪性新生物)には、白血病、肉腫、骨肉腫、悪性リンパ腫、MDS(骨髄異形成症候群)、骨髄線維症などを含みます。なお、上皮内新生物は含みません。
  • ★4:心臓病・動脈の疾患には、心筋症、心肥大、心奇形、弁膜症、先天性心臓病、動脈瘤、動脈の閉塞・狭窄、動脈奇形 などを含みます。
  • ★5:パーキンソン病、多発性硬化症、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、重症筋無力症、脳しゅよう などを含みます。自律神経失調症・肋間神経痛・三叉神経痛・顔面神経まひ などの末梢神経の病気、脳卒中、脳動脈瘤、頭痛、てんかん を除きます。
  • ★6:筋強直性障害、先天性ミオパチー、筋ジストロフィーなどを含みます。
  • ★7:しゅようマーカーの異常とは、検査結果が基準値を超えた場合を意味します。

東京海上日動あんしん/メディカルKitラヴR

アフラックと似たタイプの告知書です。告知項目は3つと少ないですが、条件が細かくちょっと分かりにくいです。特に精神疾患系の告知には注意が必要です。

一方、手術についての告知は緩いのが特徴です。極端な話ですが、下記告知項目にない病気での手術歴(ポリープ切除など)は、3か月超であれば告知不要ですね。

1.最近3か月以内に、以下の➀または➁のいずれかがありますか。
  • ➀医師から入院(※1)・手術(※2)・検査(※3)をすすめられた。
  • ➁入院(※1)・手術(※2)をした。
2.過去2年以内に、別表1の病気で、入院(※4)をしたことがありますか。
別表1
  • 糖尿病
  • 心筋梗塞、狭心症、不整脈(心房細動を含む)、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)
  • 気管支ぜんそく
  • かいよう性大腸炎、クローン病
  • 全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、多発性筋炎、皮ふ筋炎、強皮症、結節性多発動脈炎
  • うつ病、神経症、パニック障がい、不眠症
3.過去5年以内に、別表2の病気で、医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがありますか。
別表2
  • がん(※5)、上皮内がん
  • 糖尿病による合併症(網膜症、眼底出血、腎症、皮ふのかいよう・えそ)
  • 躁病、躁うつ病、統合失調症、認知症など、すべての精神および行動の障がい(※6)(うつ病、神経症、パニック障がい、不眠症を除きます。)
  • アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、筋強直症候群、先天性ミオパチー、筋ジストロフィー
  • 心筋症、心臓弁膜症、動脈りゅう(※7)、動脈の先天奇形、もやもや病
  • 肺気腫、肺線維症、慢性気管支炎、間質性肺炎
  • 慢性肝炎、肝硬変、慢性すい炎
  • 慢性腎炎、慢性腎不全
  • 免疫不全症
  • ※1 「入院」には、日帰り入院も含みます。また、切迫流産・切迫早産・妊娠高血圧症による入院を含み、正常分娩のための入院は含みません。
  • ※2 「手術」には、内視鏡手術および帝王切開を含みます。
  • ※3 「検査をすすめられた」とは、医師の診療を受けた結果、または、健康診断・人間ドック・がん検診をうけた結果、診断確定のための再検査・精密検査をすすめられたことをいいます。(再検査・精密検査を受け、「異常なし」と判定された場合は該当しません。)
  • ※4 「入院」には、日帰り入院も含みます。
  • ※5 癌・肉腫・白血病・悪性リンパ腫は「がん」に含まれます。
  • ※6 「すべての精神および行動の障がい」には適応障がい、摂食障がい、アルコール依存症、薬物依存症、心身症、心因反応などを含みます。
  • ※7 動脈りゅうとは、脳動脈りゅう、胸部大動脈りゅう、腹部大動脈りゅう、解離性大動脈りゅうをいいます。

ネオファースト/ネオdeいりょう(健康プロモート)

入院医一時金特約、抗がん剤治療特約、がん診断特約、特定疾病保険料免除特約、通院特約、治療保障特約など、引受基準緩和型の医療保険のなかでは、保障内容はトップクラスに充実しています。一方で、5年以内の入院(告知項目1)も告知対象になるなど、加入条件は厳しめですね。

1.過去5年以内にがん(上皮内新生物を除く)・肝疾患・精神疾患・腎疾患で入院(人間ドックは除く)をしたことまたは手術(レーザー・内視鏡・カテーテルによるものを含む)を受けたことがありますか。
「がん」に含まれるもの(例示) 癌/肉腫/リンパ腫/白血病/多発性骨髄腫/骨髄異形成症候群/真性赤血球増加症(多血症)/本態性(出血性)血小板血症/カルチノイド など
「肝疾患」に含まれるもの(例示) 肝炎(肝炎ウイルス感染を含む)/肝硬変/肝機能障害/肝しゅよう/肝のう胞 など
「精神疾患」に含まれるもの(例示) うつ病/そううつ病/双極性障害/神経症/統合失調症/自律神経失調症 など
「腎疾患」に含まれるもの(例示) 腎炎/腎症/腎不全/腎機能障害/腎しゅよう/腎のう胞/のう胞腎/腎結石/腎盂結石 など
2.最近3か月以内に医師の診察または検査により入院(人間ドックは除く)または手術(レーザー・内視鏡・カテーテルによるものを含む)をすすめられたことはありますか。
3.過去2年以内に上記1以外の病気やケガで入院(人間ドックは除く)をしたことまたは手術(レーザー・内視鏡・カテーテルによるものを含む)を受けたことがありますか。

上記1~3に該当しなければ、加入できます。さらに、抗がん剤治療特約・がん診断を付けたい場合は、下記4も告知が必要です。

4.過去5年以内に上皮内新生物で入院(人間ドックは除く)をしたことまたは手術(レーザー・内視鏡・カテーテルによるものを含む)を受けたことがありますか。
「上皮内新生物」に含まれるもの(例示) 子宮頚部・膣部・外陰部の高度異形成/上皮内癌/非浸潤癌/子宮頸がん0期/大腸の粘膜内癌/ボーエン病/CIN3/VIN3/VAIN3 など

オリックス/新CURE Support(キュア・サポート)

オリックスを含めて、以降に紹介する保険会社は、別表がなく分かりやすいのが特徴です。告知に迷うような病気・症状の人は、オリックス・メットライフなどから選択するのがよいかもしれませんね。

1.最近3か月以内に、医師から入院・手術・検査のいずれかをすすめられたことがありますか。または、現在入院中ですか。
2.最近3か月以内に、がんまたは上皮内新生物・慢性肝炎・肝硬変で、医師の診察・検査・治療・投薬のいずれかをうけたことがありますか。
3.過去2年以内に、病気やケガ入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか。
4.過去5年以内に、がんまたは上皮内新生物で入院したこと、または手術をうけたことがありますか。

上記1~4に該当しなければ、加入できます。さらに、がん一時金特約・重度三疾病一時金特約を付けたい場合は、下記5・6も告知が必要です。

5.過去5年以内 に、がんまたは上皮内新生物・肝硬変で医師による診断確定・診察・検査・治療・投薬のいずれかをうけたことがありますか。 また、過去2年以内に、医師の診察・検査・健康診断・がん検診・人間ドックをうけて、しゅよう・がんまたは上皮内新生物・ポリープ・しゅりゅう・胸のしこり・子宮けい部異形成で異常を指摘されたことがありますか。
6.過去2年以内に、心筋こうそく(急性心筋こうそく・再発性心筋こうそく)、または脳卒中(くも膜下出血・脳内出血・脳こうそく)で医師の診察・検査・治療・投薬のいずれかをうけたことがありますか。

※第2項の「診察・検査」には、がんまたは上皮内新生物の治療終了後の経過観察のための診察・検査を含みません。
※第5項の「診察・検査」には、がんまたは上皮内新生物の治療終了後の経過観察のための診察・検査を含みます。

メットライフ/フレキシィ ゴールドS

今回紹介する7社のなかで、告知内容が一番わかりやすいです。期間も明確であり、とても良心的な告知書ですね。

1.最近3か月以内にに受けた医師による検査、検診または診察により、以下の①または②をすすめられたことはありますか。

①入院*1または手術

*1 【入院について】入院日数にかかわらず、「治療のための入院」「検査入院」「教育入院」を含みます。なお、正常分娩による入院は含みません。

② ガン(悪性新生物*2または上皮内新生物)の疑いでの再検査・精密検査

*2 白血病その他の血液のしゅようは悪性新生物に含みます。

入院・手術をすすめられたのが4か月前であったとしても、3か月以内に医師の診察があり、入院・手術を勧められた状況に変化がなければ、告知に該当します。医師から入院・手術が必要と言われてたかどうかは問題ではなく、カルテの記載と入院・手術が必要な状況が継続していたかどうかがポイントです。4か月前は入院・手術が必要、3か月前は不要になるケースってほとんどないですからね。

ただし、3か月以内に、医師の診察を受けていなければ、告知には該当しません。入院・手術を勧められた状況で、3か月の間は病院受診を我慢できるかどうかがポイントです。

2.過去1年以内に、病気やケガで入院したこと、または手術を受けたことがありますか。
3.過去5年以内に、以下①~③の病気と新たに診断されたこと(再発や転移を含みます)、あるいは以下①~③の病気により入院*1や手術を受けたことがありますか。

① ガン(悪性新生物*2または上皮内新生物

② 肝硬変

③ 統合失調症、アルコール依存症、認知症

最大の特徴として、他の保険会社とは異なり、加入後1年以内の免責(50%削減)がありません。

特約として、健康祝金、短期入院定額保障、通院保障、三大疾病の入院延長保障、介護一時金、認知症一時金、ガン一時金、骨折一時金と、ラインナップが豊富なところも魅力ですね。

スポンサーリンク

損保ジャパン日本興亜ひまわり/新・健康のお守りハート

1.今後3か月以内に、入院または手術の予定がある。

※入院または手術を医師にすすめられている場合や医師と相談している場合を含む。

2.過去5年以内に、以下の病気で医師の診察・検査・治療・投薬(薬の処方を含む)または入院・手術を受けたことがある。

・がん(悪性新生物・悪性腫瘍)・上皮内がん・肝硬変

※いずれかの疑いがあると医師に指摘されている場合を含む。

3.過去2年以内に、病気やケガで、入院したことまたは手術を受けたことがある。

※「はい」の場合であっても、その内容によってはお引受けできる場合があります。

上記1~3がすべて「いいえ」でしたら、問題なく加入できます。さらに、三大疾病支払日数無制限特則と三大疾病保険料免除特約を付けたい場合は、下記4も告知が必要です。

4.過去2年以内に、以下の病気で医師の診察・検査・治療・投薬(薬の処方を含む)または入院・手術を受けたことがある。

・急性心筋・再発性心筋梗塞・くも膜下出血・脳内出血・脳梗塞

※いずれかの疑いがあると医師に指摘されている場合を含む。

アクサ/OKメディカル

下記の項目がすべて「いいえ」なら、医師の診査なしで申込OKです。※1

1.過去2年以内に、病気やけがで、入院※2をしたことまたは手術※3をうけたことがありますか?
2.過去5年以内に、ガン・悪性新生物(肉腫・白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫を含みます。)および上皮内新生物(上皮内ガン)で、入院※2をしたこと、または手術※3をうけたことがありますか?
3.現在ガン・悪性新生物(肉腫・白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫を含みます。)および上皮内新生物(上皮内ガン)、慢性肝炎肝硬変で、医師の診察・検査※4・治療・投薬をうけていますか?※5
4.最近3ヵ月以内に、医者の診察または検査により入院※2または手術※3をすすめられたことがありますか?
  • ※1 ご契約のお引き受けの原則的な基準です。お客様の健康状態・職業・年齢・当社での過去の契約状況などを総合的に判断した結果、お引き受けできないこともありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※2 検査入院を含みます。ただし、検査の結果、治療の必要がなかった場合、または、正常分娩による入院は除きます。
  • ※3 先進医療による手術を含みます。
  • ※4 検査待ち時間を含みます。
  • ※5 前記疾病の疑いがあると医師に指摘されている場合も含みます。

メディケア/メディフィットRE

以下の3つの告知項目が、すべて「いいえ」ならお申し込みいただけます。

1.最近3か月以内に、医師に入院※1手術※2・先進医療を勧められたことがありますか。
2.過去2年以内に、入院※1をしたことまたは手術※2を受けたことがありますか。(現在、入院中である場合を含みます。)
3.過去5年以内に、がん・肝硬変・慢性肝炎で、医師の診察・検査・治療・投薬※3を受けたことがありますか。
  • がんには、以下を含みます。上皮内がん※4・肉腫・白血病・悪性リンパ腫・悪性腫瘍・悪性新生物・骨髄異形成症候群・カルチノイド・悪性GIST(消化管間質腫瘍)・子宮頚部高度異形成(腟部、外陰部を含みます。)
  • 前記の病気の疑いがあると医師に指摘された場合は「はい」になります。(ただし、検査を受けた結果、前記の病気ではないことが明らかになった場合は「いいえ」になります。)
  • ※1 傷害や疾病の検査のための入院も「はい」となります。ただし、正常分娩による入院を除きます。
  • ※2 「手術」とは器具を用い、お身体に切断・摘除などの操作を加えるものすべてを指します。日帰り手術・傷害による手術の場合も「はい」となります。【手術例】帝王切開・内視鏡手術・レーザー・ファイバースコープ・カテーテル・超音波による手術
  • 3 病院や診療所で薬の処方のみを受けた場合を含みます。
  • ※4 上皮内がんとは、がん細胞が上皮内(大腸(結腸・直腸)の場合は粘膜のなか)にとどまっており、それ以上浸潤していない初期のがんのことをいいます。

まとめ

引受基準緩和型・限定告知型の医療保険、どの保険会社も加入後1年は保障が半額です。一般的な医療保険と比べて、正直なところコスパ(費用対効果)はよくありません。

糖尿病でインスリン治療中の人でも、狭心症や脳卒中・脳梗塞の既往歴がある人でも、挙句の果てには精神疾患で通院中の人であっても、所定の条件を満たせば加入できるのですから、条件が悪いのは当たり前と言えば当たり前ですね。

”溺れる者は藁をもつかむ”といいますが、保険商品によって、何もないよりはだいぶマシです。

保険料は若干高くなりますが、三大疾病保険料免除特約付(アフラック・ネオファースト・損保ジャパン日本興亜ひまわりなど)がおすすめですね。割高な保険料でも、三大疾病保険料免除に該当してしまえば、以降の保険料はなくなり、保障はずっと継続するからです。

引受基準緩和型・限定告知型は、誰ても加入できる”無選択型”ではありません。焦って加入しても保険金が出なかったら、”藁”にさえなりません。保険料(月々の掛け金)と保障内容だけではなく、告知書についても、慎重に複数社を検討したうえで、加入することをおすすめいたします。

おすすめ記事

1

生命保険や医療保険、がん保険を比較するとき、必ずといっていいほど”保険料”と”保障”を比較、ランキング形式で紹介されています。ネットや雑誌のみならず、複数の保険会社を取り扱う来店型ショップ(ほけんの窓 ...

2

数年来、日本列島各地では夏場の猛暑により、”熱中症”になる方が増えています。「部活動中の中学生が熱中症で病院に搬送」とか、「節約のためにエアコンを我慢した高齢者が、自宅で熱中症になり緊急搬送」など、ニ ...

3

日本人女性の16人に1人が発症するといわれる乳がん。国立がん研究センターによると、乳がんの死亡者数は約13,000人、女性ではがん死亡全体の約9%です(2013年度)。乳がんの罹患数は約72,500人 ...

4

一寸先は闇・・・、何の前触れもなく、突然の不幸に見舞われるのが人生です。 健康はお金では買えませんが、万が一の病気や怪我に備えて、経済的な損失を準備するために”生命保険・医療保険・がん保険”などは存在 ...

5

現代の日本では、3人に1人がんで亡くなっています(年間30万人以上)。また、生涯でがんになる可能性は、男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測され、日本人にとって”がんは国民病”といっても過言ではあり ...

-告知書(診査)・調査
-

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2017 AllRights Reserved.