保険サポートガイド

保険で損したくない、保険金を受け取りたいみなさまへ。

保険金請求(書類・受取人・約款など) 死亡・高度障害・保険料免除

おひとり様・クリぼっち・生涯独身生活/孤独死の保険金支払事情

更新日:

「人生最後の時は、愛する家族に看取られたい」 安らかな死を迎えることは、多くの人が願いではないでしょうか。

家族がいない人は、「せめて他人に迷惑をかけないように、畳の上で眠るように天国に旅立ちた」いと、ささやかな希望を持っているかもしれません。

急速に核家族化が進む現代の日本では、”ぼっち”の最終形態である”孤独死”が社会問題化してきています。

行政では、地域の「見守りシステム」を普及させるなど対策を行っていますが、まだまだ十分とは言えない状況です。

孤独死が発見されるきっかけの多くは、近隣住民が原因不明の異臭に気づくことです。

腐敗の進みやすい夏場であれば死亡から発見まで比較的早いでしょうが、マンションの構造がしっかりしていたり冬場であったりすると、2週間から1カ月程度の間、誰にも発見されない可能性もあります。

現在は孤独死は高齢者が多数を占めていますが、飯島愛さんのようにアラフォー世代の人にとっても、決して他人事ではありません。

仕事がある人であれば、無断欠勤を心配した同僚が早い段階で発見してくれるかもしれませんが、たまたま失業期間中であったとしたら、よほど親しい友人がいない限り、早期に発見されることは難しいでしょう。

今回は、「孤独死の保険金支払事情」について、ご紹介いたします。

孤独死が発見された後の流れ

孤独死が発見された後、警察が事件性の有無などを調べるため、現場検証・検死が行われます。

その際に、警察は「金品・通帳・印鑑」などを保全目的、証拠品として回収します。

警察は遺族調査を行い、親子、兄弟、親戚の順に孤独死の連絡を行います。

警察が事件性なしと判断したあと、”遺品”として「金品・通帳・印鑑」などが遺族に返還されます。

遺体を管理している葬儀社も紹介され、警察の手続きは終了します。そして、ようやく葬儀や納骨などが行えるようになります。

賃貸暮らしでしたら、死後の整理資金(部屋の復旧作業)を大家が負担するか、遺族が負担するか揉める事例が多数発生しています。

最近では、大家さん向けの孤独死対策保険(後片付け費用、家賃補償など)が急増しています。

大手損害保険会社や少額短期保険業者まで、様々な保険商品があります。

現在は大家さん向けがほとんどですが、いずれは入居者にも保険料負担を求められる時代が来るかもしれません。

遺族が生命保険の保険金を請求するためには?

さて、孤独死を心配している人の中には、遺族に経済的な負担をかけないために、死後の整理資金として、生命保険に加入している人もいらっしゃると思います。

万一の時に遺族が死亡保険金の請求を行うためには、医師による死亡証明書(死体検案書)、死亡の事実が記載された戸籍書類が必要です。

死亡証明書(死体検案書)は警察と業務提携している医師が検死の際に記載しており、警察に相談すればもらうことができます。戸籍書類は、住民票がある市町村の戸籍課で取得することができます。

死亡証明書(死体検案書)と戸籍には、”死亡日”が記載されます。死亡日までの保険料が支払われていれば、死亡保険金がお支払い対象となります。

通常の死亡であれば死亡日は明確ですが、”孤独死”の死亡日はいつになるのでしょうか。

正解は、”孤独死が発見された日”ではなく、”検死を行った医師が死亡時を推定した日”です。

孤独死の場合、戸籍の死亡日欄には「平成28年12月頃死亡(推定)」などのように記載されます。

この場合、平成28年12月分までの保険料が支払われていれば、死亡保険金はお支払い対象となります。

まとめ

急性心不全など、突然の死がいつ訪れるかは誰にもわかりません。

おひとり様で孤独死の危険がないとは言えないみなさまは、残された老親・兄弟姉妹が死亡保険金請求で戸惑わないためにも、保険証券と一緒に保険会社の連絡先など簡単な請求方法のメモを用意したりするのも効果的です。

また、保険料引き落とし口座には十分な残高を確保しておくなど、万一の時に経済的な負担だけはかけないように準備しておかれることをお勧めいたします。

死後の整理資金(葬式代・片付け費用など)には、できれば200万程度ほしいところです。

預貯金で準備できない人は、保険料の割安な定期保険などを検討してみてはいかがでしょうか。

「どの保険に加入するか」より、「誰から加入するか」が大切な理由

生命保険各社は、2018年4月に保険料を改定しています。

平均余命が伸びたことにより、死亡する可能性が低下し、保険料が平均10%超も安くなりました。

これまでの保険料10,000円とすると、約9,000円・1000円安くなります。1年間では1,000円×12か月=12,000円も、お得になる可能性が高いです。

生命保険は年齢とともに保険料が高くなるものですが、今回の保険料改定により、年齢が上がっていたとしても保険料は下がるケースが多いです。

もし、長年付き合っている保険担当者が、保険見直しの話をしてこないのなら、職務怠慢&質の高くない可能性があります。

保険担当者が保険見直しの話をしない主な理由は、保険契約後2年(長い会社では3年)以内に新しい保険に切り替えても、手数料が出ない(成績にならない)からです。

契約者にとって保障内容が同じで保険料が安くなることはあっても、保険担当者にとっては1円にもならず何の得もないからです。

保険に入るときだけいい顔をして、その後は知らんぷりっていう保険担当者が、まだまだ少なくないのが現実ですね。

病気であれば仕方ありませんが、健康状態に問題がないのにもかかわらず、メリットがある話さえしてこないのは、お客様として軽く扱われているかもしれません。

最適な保険に加入するには、「プロ意識の高い、専門家に相談すること」が近道です。

保険で損をしたくない、保険金を受け取りたいみなさまへ。

支払担当者が厳選した、「保険&専門家えらびに最適な3つのサイト」をご紹介いたします。

【来店相談】全国1,200店舗の保険ショップから30秒で来店予約

LIFULL保険相談
  • 複数の保険会社から、最適な保険を選べる
  • 家計節約、教育・老後など資金準備・資産運用の相談もOK
  • 予約によりデータが管理され、しつこい勧誘、押し売りもないので安心

体験者のクチコミ

・買い物ついでに、ショッピングモールの店舗に行きました。一番売れている人を予約したら、売れている人だけあって税金など細かいところまで説明してもらい、とても参考になりました。(仙台市・40代女性)

・仕事帰りに、駅近のショップに行きました。時間節約のため、事前情報を伝えておいたので、スムーズに話ができました。加入はしませんでしたが、しつこい営業電話もなく、満足しています。(大阪市・30代男性)

・小さな子連れのため、キッズルーム完備のお店を選びました。前もって一時間くらいでお願いしますと伝えてあったので、ポイントを絞った説明がよかったです。(福岡市・20代女性)

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

保険マンモス
  • 自宅訪問、ファミレスなど、時間・場所ともに自由
  • イエローカードでしつこい営業・押し売りもなく安心
  • 複数の保険会社、資産運用・税金の相談もOK

 

体験者のクチコミ

・生後3か月の赤ちゃんがいるため、家まで来てもらいました。話の途中で子供が泣いてしまいましたが、家なのでサクッと寝かしつけられました。教育資金や死亡保障など、これから必要になるお金の話がイメージできました。(名古屋市・20代女性)

・親戚から保険に入っています。イオンにあるショップだと誰に見られるかわからないので、自宅へ訪問してもらいました。じっくり落ち着いて話ができよかったです。(秋田市・40代女性)

・生命保険の税金について相談しました。個人契約はもちろん、法人契約の税制についての最新情報が得られ、有意義な時間を過ごすことができました。(札幌市・50代男性)

【MDRT】世界67か国TOP6%・生命保険業界のエース級が無料相談

  • 野球でいえばメジャーリーガー級のエリート集団
  • 資産運用・相続・法人契約にも強い
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉、1都3県のみ限定

体験者のクチコミ

・これぞプロって感じで、目からウロコの話が目白押しでした。社会制度や税金など保険以外にも詳しく、頼りがいがありました。予約が取りにくいのもうなづけますね。(神奈川県・40代男性)

・おひとり様なので、将来の資産運用・老後資金を含めて、相談しました。保険・貯蓄・投資のバランスが大切なことを、わかりやすく説明してもらい、大満足です!(東京都・30代女性)

・法人契約の税務処理(損金・資産)の、メリット・デメリットを教えてもらいました。いいときばかりではなく、悪いときにどうすべきかが、勉強になりました。(千葉県・50代男性)

-保険金請求(書類・受取人・約款など), 死亡・高度障害・保険料免除

Copyright© 保険サポートガイド , 2018 All Rights Reserved.