保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

花粉症・アレルギー性鼻炎の治療と対策/医療保険・手術の支払事情

更新日:

いまや国民病となった花粉症ですが、日本で初めて報告されたのは、東京オリンピックが行われた1964年のことでした。その後、社会問題にまで発展したのは1970年代です。とくに1979年には花粉の大飛散が生じ、広く一般に”花粉症”が認知されました。北海道と沖縄を除いて、日本全国に花粉症が広まった原因は、戦後復興のため1950年代に始まったスギ・ヒノキの植林と考えられています。杉の木が成長して花粉が大量に飛散されるようになるのが、樹齢30年と言われているからです。

花粉症持ちのみなさまは、花粉シーズンが到来するたびに、マスクや市販薬(アレグラ・アレジオン・ストナリニなど)で予防や対策に余念がないことと思います。花粉症はアレルギー性鼻炎であり、根治は難しく対処療法が一般的です。なかでも効果的なのが、鼻の粘膜の一部をレーザーで焼いて、花粉が付着してもアレルギー反応が起こらないようにする「鼻腔粘膜焼灼術、下甲介粘膜焼灼術」です。2012年4月から健康保険適用となり、実費負担が10,000円程度で施行可能なことから、花粉症予防・対策として「鼻腔粘膜焼灼術、下甲介粘膜焼灼術」(K331)を選択する人が増えてきています。

花粉症対策の「鼻腔粘膜焼灼術、下甲介粘膜焼灼術」は、医療保険・手術給付金の支払対象なのでしょうか。手術88種タイプ、公的医療保険連動型タイプに分けてご紹介します。

スポンサーリンク

 手術88種タイプの場合

88種のいずれにも該当しないため、お支払い対象外です。ごく稀な手術方法ですが、内視鏡を使用した手術の場合は、お支払い対象とする保険会社もあります。

公的医療保険連動型タイプの場合

お支払い対象の保険会社とお支払い対象外の保険会社があります。公的医療保険連動型タイプは約1,000種類の手術を保障と、手術なら何でもお支払い対象と誤解されかねない謳い文句が並んでいますが、一部手術(鼻腔粘膜焼灼術、下甲介粘膜焼灼術など)は、除外手術として規定されています。

・手術給付金対象の保険会社
日本生命、住友生命、朝日生命、メットライフアリコ、ひまわり生命、三井住友あいおい生命 など

・手術給付金対象外の保険会社
第一生命、アフラック、オリックス生命、あんしん生命、メディケア生命 など

※各保険会社HPの約款、問い合わせ窓口で確認

ご注意点として、公的医療保険連動型タイプでお支払い対象の保険会社であっても、手術88種タイプの契約はお支払い対象外になります。ちなみに、平成26年10月より健康保険適用となった”舌下免疫療法”は、手術ではないため医療保険・生命保険のお支払い対象外です。

新しいの保険の加入は?

一般的に”花粉症”は告知事項に該当しますので、保険加入の際には告知しないと告知義務違反となり、保険金が支払われない可能性があります。

ご参考 ⇒ 告知義務違反&保険金詐欺がばれる、保険会社の”調査”とは!?

保険会社によっては、告知したとしても部位不担保の条件なく、一般的な医療保険に加入できます。来店型ショップなどで複数社に加入を打診してみる価値はあると思います。

なお、告知緩和型医療保険なら、”3か月以内に手術予定がありますか?”などの告知事項に該当しなければ、無条件で加入できます。デメリットは加入後1年間は保険金が50%に削減されることと、保険料が多少割高なことですね。「鼻腔粘膜焼灼術、下甲介粘膜焼灼術」を複数回実施すれば、告知緩和型医療保険でも十分に元が取れる可能性もあります。

花粉症でお悩みのみなさまは、公的医療保険連動型タイプで「鼻腔粘膜焼灼術、下甲介粘膜焼灼術」が手術給付金の対象となる朝日生命、メットライフ、ひまわり生命、三井住友あいおい生命などの、告知緩和型医療保険をご検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

1

生命保険や医療保険、がん保険を比較するとき、必ずといっていいほど”保険料”と”保障”を比較、ランキング形式で紹介されています。ネットや雑誌のみならず、複数の保険会社を取り扱う来店型ショップ(ほけんの窓 ...

2

数年来、日本列島各地では夏場の猛暑により、”熱中症”になる方が増えています。「部活動中の中学生が熱中症で病院に搬送」とか、「節約のためにエアコンを我慢した高齢者が、自宅で熱中症になり緊急搬送」など、ニ ...

3

日本人女性の16人に1人が発症するといわれる乳がん。国立がん研究センターによると、乳がんの死亡者数は約13,000人、女性ではがん死亡全体の約9%です(2013年度)。乳がんの罹患数は約72,500人 ...

4

一寸先は闇・・・、何の前触れもなく、突然の不幸に見舞われるのが人生です。 健康はお金では買えませんが、万が一の病気や怪我に備えて、経済的な損失を準備するために”生命保険・医療保険・がん保険”などは存在 ...

5

現代の日本では、3人に1人がんで亡くなっています(年間30万人以上)。また、生涯でがんになる可能性は、男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測され、日本人にとって”がんは国民病”といっても過言ではあり ...

-耳鼻咽頭科
-,

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2017 AllRights Reserved.