保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険金受取人が認知症で請求できない事例/代筆請求・成年後見人

更新日:

4人に1人が65歳以上となり、超高齢化社会を迎えた日本。

1,400兆円といわれる個人金融資産の6割を占めるのも、高齢者の方々です。

この大切な資産を少しでも多く子や孫に残してあげたいとの親心から、一時払い終身など生命保険を活用する人も増えています。

一方、資産は残してあげることはできないけれど、自分の死後にせめて迷惑だけはかけたくないとの思いから、定期・終身保険などの死亡保障に加入する人も少なくありません。

死後の整理資金(葬式代など)や老後の蓄えなどを目的とした終身保険に加入する場合、契約者・被保険者は本人、受取人は配偶者とするのが一般的です。

今回の事例は、40歳のときに1,000万の終身保険に加入した70歳のAさん。受取人は妻のBさんで、一人息子のEさんがいます。

Aさん夫妻は、貯金はないものの、利率の良いときに加入したいわゆる”お宝保険”である虎の子の終身保険を大切にしていました。

ある日、妻のBさんが階段で転倒し、大腿骨骨折の重傷を負いました。

入院が長期化するにつれて、だんだんと弱っていくBさん。退院後はめっきり体力がなくなり、日常生活にも支障をきたすようになりました。

そして、認知症も発症してしまい、Aさんの懸命な介護によってなんとか生活している状況でした。

Bさんの認知症はどんどん進行し、長年連れ添ったAさんのことさえわからないほどになりました。さらに悪いことは重なるもので、Aさんも病に倒れ、あっという間に亡くなってしまいました。

一人息子のEさんはAさんのお葬式を滞りなく執り行い、Bさんを引き取って自宅で介護することにしました。

Eさんはお葬式代と、自宅をバリアフリーに改装するため、Aさんが加入していた終身保険の請求手続きを行いました。すると、保険会社から、”受取人はBさんなのでBさんから請求してください”と案内がありました。

Bさんは認知症で手続きができないので、AさんとBさんにとって唯一の法定相続人であるEさんに至急支払ってほしいと食い下がりましたが、保険会社からは請求権利がないとまったく相手にされませんでした。

Bさんは認知症が進行しており、とても保険請求できる状態ではありません。Eさんは終身保険1,000万円を受け取ることはできないのでしょうか。

Eさんが保険金を受け取るためには、家庭裁判所にBさんの成年後見人として登記することが必要です。

しかし、成年後見人登記の手続きは、時間もお金もかかります。

もし仮に、Bさんが請求書類は書けないまでも、請求する意思さえあったならば、Eさんが”書類を代筆”して、Bさん名義の口座へ支払ってもらうことができたかもしれません。

受取人が認知症かどうかなんて、保険会社は知る術がありません。さらに、受取人の筆跡が本人かどうかなんて、分かりようがありません。本人名義・本人口座がしていされていれば、そのまま支払となるケースがほとんどですね。

しかし、晩年のAさんさえ認識できないBさんの病状ではとても無理な相談です。正当な手続きで終身保険1,000万円を受け取るためには、Eさんには成年後見人の登記しか道は残されておりませんでした。

もし仮に、Bさんに保険金を請求する意思さえあれば、Eさんが代わりに保険金請求書を記載して、保険金請求できるのが一般的です。これは”代筆請求”ですので、保険金受取人名・口座名義ともにBさんであることがポイントです。

保険会社によっては、EさんとBさんの事情を勘案し、Eさんから”今後、Bさんの病状が回復したとしても、保険金の請求においては一切迷惑をかけない”という旨の”念書”を取り付けたうえで、Eさんへ保険金を支払うケースもあるようです。

一見、お客さま視点に立った素晴らしい対応かとは思いますが、法律的に”念書による支払”には何の対抗要件もありません。

仮に、Eさんへ保険金を支払った後で、Bさんの認知症が劇的に改善し、Bさんが保険請求をしたとしたら、保険会社は支払いを拒むことはできないでしょう。

保険会社としては、良かれと思って支払ったことが、裏目に出てしまう可能性も否定できないのです。

そのため、保険会社としては念書払いをするのであれば、本当にBさんは認知症なのか、Eさんは信用に足る人物であるのかなど、詳細な調査を行うことでしょう。

もちろん、念書払いは保険約款のどこにも記載されていないので、他社では支払ってもらったとか、知人が念書払いをしてもらったので、自分にもしてほしいなどの要望があったとしても、念書払いはお約束できるものではなく、むしろごく例外的な事例と考えた方がよいかもしれません。

今回の事例では、保険金受取人のBさんに請求意思がないこと、一人息子のEさんであってもBさんの成年後見人にならなければ保険金が受け取れないことが問題でした。

万一の際に、残された家族がスムーズに保険請求できるように、人生の節目節目で信頼できる子供に受取人変更するなどの手続きを行うことをお勧めいたします。

【2018年4月~】死亡保障の保険料が大幅値下げ!

生命保険各社は、2018年4月に保険料を改定しています。

平均余命が伸びたことにより、死亡する可能性が低下し、保険料が平均10%超も安くなりました。

これまでの保険料10,000円とすると、約9,000円・1000円安くなります。1年間では1,000円×12か月=12,000円も、お得になる可能性が高いです。

生命保険は年齢とともに保険料が高くなるものですが、今回の保険料改定により、年齢が上がっていたとしても保険料は下がるケースが多いです。

もし、長年付き合っている保険担当者が、保険見直しの話をしてこないのなら、職務怠慢&質の高くない可能性があります。

保険に入る時だけいい顔をして、その後は知らんぷりっていう保険担当者が、まだまだ少なくないのが現実ですね。

病気であれば仕方ありませんが、健康状態に問題がないのにもかかわらず、メリットがある話さえしてこないのは、お客様として軽く扱われているかもしれません。

最適な保険に加入するには、プロ意識の高い専門家に相談することがポイントですね。

保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

支払担当者が厳選した、「保険選びに最適な3つのサイト」をご紹介いたします。

 

【来店相談】全国1,300店舗の保険ショップから30秒で来店予約

LIFULL保険相談
  • 大手来店型ショップを中心に、圧倒的な店舗数
  • 店舗毎の情報も詳しく、写真も豊富で選びやすい
  • 個人契約はもちろん、法人契約も相談OK

 

体験者のクチコミ

・買い物ついでに、ショッピングモールの店舗に行きました。一番売れている人を予約したら、売れている人だけあって税金など細かいところまで説明してもらい、とても参考になりました。(仙台市・40代女性)

・仕事帰りに、駅近のショップに行きました。時間節約のため、事前情報を伝えておいたので、スムーズに話ができました。加入はしませんでしたが、しつこい営業電話もなく、満足しています。(大阪市・30代男性)

・小さな子連れのため、キッズルーム完備のお店を選びました。前もって一時間くらいでお願いしますと伝えてあったので、ポイントを絞った説明がよかったです。(福岡市・20代女性)

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

  • お子さま連れ、親の介護など、長時間外出が難しい人
  • 地方在住、来店型ショップでは知人の目が気になる人
  • 個人、法人の税金について相談したい人

 

体験者のクチコミ

・生後3か月の赤ちゃんがいるため、家まで来てもらいました。話の途中で子供が泣いてしまいましたが、家なのでサクッと寝かしつけられました。教育資金や死亡保障など、これから必要になるお金の話がイメージできました。(名古屋市・20代女性)

・親戚から保険に入っています。イオンにあるショップだと誰に見られるかわからないので、自宅へ訪問してもらいました。じっくり落ち着いて話ができよかったです。(秋田市・40代女性)

・生命保険の税金について相談しました。個人契約はもちろん、法人契約の税制についての最新情報が得られ、有意義な時間を過ごすことができました。(札幌市・50代男性)

【MDRT】世界67か国TOP6%・生命保険業界のエース級が無料相談

  • 野球でいえばメジャーリーガー級
  • 資産運用・相続・法人契約にも強い
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉、1都3県のみ限定

体験者のクチコミ

・これぞプロって感じで、目からウロコの話が目白押しでした。社会制度や税金など保険以外にも詳しく、頼りがいがありました。予約が取りにくいのもうなづけますね。(神奈川県・40代男性)

・おひとり様なので、将来の資産運用・老後資金を含めて、相談しました。保険・貯蓄・投資のバランスが大切なことを、わかりやすく説明してもらい、大満足です!(東京都・30代女性)

・法人契約の税務処理(損金・資産)の、メリット・デメリットを教えてもらいました。いいときばかりではなく、悪いときにどうすべきかが、勉強になりました。(千葉県・50代男性)

-保険金請求(書類・受取人・約款など)

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2018 All Rights Reserved.