保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

生活保護者・不正受給なめんな!/生命保険&医療の加入・支払事情

更新日:

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と憲法25条で定められた、世界でも有数の社会福祉国家である我が日本。病気や怪我などで働くことができず、経済的に困窮する人々を救う大切な制度であると思います。

一方で、不正受給や芸能人が扶養義務の放棄したり、生活保護を本当に必要とするシングルマザーが門前払いを受けたりなど、数多くの問題を抱えています。

生活保護受給者の医療費は無料であり、生活保護受給中は新たに医療保険へ加入する必要はありません。

しかし、病気になってからでは新規の加入は難しいため、生活保護受給前に加入した保険は、一定の条件をもとに、生活保護受給中も継続を認められることがあります。

今回は生活保護受給中の保険請求について、Aさんの事例をもとにご紹介いたします。

Aさんは50歳、独身。

以前は情報機器メーカーの営業でしたが、45歳の時に会社の経営悪化によってリストラされました。

その後、派遣社員として働いていましたが、心臓病を患い現在は無職です。すでに貯金は底をつき、生活保護を受給しながら、社会復帰を目指した矢先に、病気が悪化し、入院することになりました。

Aさんはサラリーマン時代に、入院日額10,000円医療保険に加入しており、解約返戻金がないタイプだったこともあり、生活保護受給開始後も、生活費をやりくりしながら、なんとか契約を継続していました。

50日の入院を経て、無事に退院となったAさん。

医療費は無料でしたが、医療保険で50万円支払われることになり、生活保護費もあるし、今後の就職活動など生活の立て直しができると張り切っていました。

退院してから数か月後。まだ就職活動中だったAさんに思いもよらぬことが起きました。

なんと、生活保護費の支給がストップしたのです。

慌てたAさんは社会保険事務所へ理由を問い合わせたところ、「Aさんの口座に50万円の入金があったので、その分は生活保護費を削減しました」との回答がありました。

Aさんは、「50万円は医療費であり、生活保護費とは別です。生活保護費を支給してください」と主張しましたが、「理由の如何を問わず、収入がある場合は生活保護費は支給できません。」と、にべもなく断られてしまいました。

Aさんは、厚生労働省にまで異議申し立てを行いましたが、結論が変わることはありませんでした。

もしAさんが、医療保険で50万円支払われるとその分生活保護費が支給されないことを事前に知っていて、保険の受取人をAさんの兄とし、生活保護費の支給停止を避けることはできたのでしょうか。

入院など保険給付金のお支払口座は、原則として被保険者本人の口座です。

これは、被保険者の経済的損失を保障するという、保険の原則によるものです。

被保険者本人が入院することによって経済的損失が発生するのはあくまで被保険者本人です。

そのため、Aさん以外を入院給付金の受取人に指定することはできません。

ただし、お支払い金額が100万円以下、保険料引き落とし口座がAさんの兄など、一定の条件により、Aさん以外にお支払いする保険会社もあります。

なぜなら、保険会社はAさんが生活保護費を受給しているかどうか、Aさんから申し出がない限り知る術はありません。

そのため、保険会社の取扱い規定にしたがい、条件を満たす場合は、Aさん以外の人にお支払いするのです。

もっとも、Aさんが生活保護費を受給していることを保険会社が知っていた場合は、Aさん以外の人に保険金をお支払いするのは生活保護費の不正受給に加担することになりますので、Aさん以外へのお支払いは認められないと思います。

さらに、保険会社によっては、口座振り込みではなく、窓口で現金支払いに応じる会社もあります。

窓口支払いは違法でもなんでもない正当な運営です。Aさんが生活保護費を受給しているかどうかは保険会社は知る由もないのですから、請求手続きに何も問題がない以上、Aさんに入院給付金50万円は支払われることでしょう。

もしかしたら、生活保護の制度の抜け穴といえるかもしれません。生活保護制度の適切な運用、そして不正受給の撲滅を、切に願うばかりです。

【2018年4月~】死亡保障の保険料が大幅値下げ!

生命保険各社は、2018年4月に保険料を改定しています。

平均余命が伸びたことにより、死亡する可能性が低下し、保険料が平均10%超も安くなりました。

これまでの保険料10,000円とすると、約9,000円・1000円安くなります。1年間では1,000円×12か月=12,000円も、お得になる可能性が高いです。

生命保険は年齢とともに保険料が高くなるものですが、今回の保険料改定により、年齢が上がっていたとしても保険料は下がるケースが多いです。

もし、長年付き合っている保険担当者が、保険見直しの話をしてこないのなら、職務怠慢&質の高くない可能性があります。

保険に入る時だけいい顔をして、その後は知らんぷりっていう保険担当者が、まだまだ少なくないのが現実ですね。

病気であれば仕方ありませんが、健康状態に問題がないのにもかかわらず、メリットがある話さえしてこないのは、お客様として軽く扱われているかもしれません。

最適な保険に加入するには、プロ意識の高い専門家に相談することがポイントですね。

保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

支払担当者が厳選した、「保険選びに最適な3つのサイト」をご紹介いたします。

 

【来店相談】全国1,300店舗の保険ショップから30秒で来店予約

LIFULL保険相談
  • 大手来店型ショップを中心に、圧倒的な店舗数
  • 店舗毎の情報も詳しく、写真も豊富で選びやすい
  • サイトの見やすさ・使いやすさもおすすめ

 

体験者のクチコミ

・買い物ついでに、ショッピングモールの店舗に行きました。一番売れている人を予約したら、売れている人だけあって細かいところまで説明してもらい、とても参考になりました。(仙台市・40代女性)

・仕事帰りに、駅近のショップに行きました。時間節約のため、事前情報を伝えておいたので、スムーズに話ができました。加入はしませんでしたが、しつこい営業電話もなく、満足しています。(大阪市・30代男性)

・小さな子連れのため、キッズルーム完備のお店を選びました。前もって一時間くらいでお願いしますと伝えてあったので、ポイントを絞った説明がよかったです。(福岡市・20代女性)

【訪問相談】自宅・勤務先・喫茶店・ファミレスなど、全国どこでも訪問OK

  • お子さま連れ、親の介護など、長時間外出が難しい人
  • 地方在住、来店型ショップでは知人の目が気になる人
  • 交通の便が悪くて、来店型ショップまで行きにくい人

 

体験者のクチコミ

・生後3か月の赤ちゃんがいるため、家まで来てもらいました。話の途中で子供が泣いてしまいましたが、家なのでサクッと寝かしつけられました。教育資金や死亡保障など、これから必要になるお金の話がイメージできました。(名古屋市・20代女性)

・親戚から保険に入っています。イオンにあるショップだと誰に見られるかわからないので、自宅へ訪問してもらいました。じっくり落ち着いて話ができよかったです。(秋田市・50代男性)

・車の運転ができないので、近所のファミレスまで来てもらいました。とても丁寧な説明で、押し売りもいっさいなかったです。飲み物代はワリカンでしたが、帰り際もスマートな感じが好印象でした。(旭川市・60代女性)

【MDRT】世界67か国TOP6%・生命保険業界のエース級が無料相談

  • 野球でいえばメジャーリーガー級
  • 資産運用・相続・法人契約にも強い
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉、1都3県のみ限定

体験者のクチコミ

・これぞプロって感じで、目からウロコの話が目白押しでした。社会制度や税金など保険以外にも詳しく、頼りがいがありました。予約が取りにくいのもうなづけますね。(神奈川県・40代男性)

・おひとり様なので、将来の資産運用・老後資金を含めて、相談しました。保険・貯蓄・投資のバランスが大切なことを、わかりやすく説明してもらい、大満足です!(東京都・30代女性)

・法人契約の税務処理(損金・資産)の、メリット・デメリットを教えてもらいました。いいときばかりではなく、悪いときにどうすべきかが、勉強になりました。(千葉県・50代男性)

-保険金請求(書類・受取人・約款など)

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2018 All Rights Reserved.