保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

介護疲れ・うつ防止⇒レスパイト入院/生命保険・医療保険の支払事情

更新日:

超高齢化社会を突き進む日本。誰もが老いていくこの世の中で、一部の資産家を除き、誰しも親の介護問題を避けて通ることはできません。少子化、核家族化が進み、老人が老人を介護する”老老介護”、さらには認知症者が認知症者を介護する”認認介護”といった言葉が一般的になってきました。

介護施設の増加やサービスの向上は、加速度的に増えている介護問題に、まったく追いついていません。今まさに介護問題に直面している人にとって”介護疲れによる殺人のニュース”は、決して他人事とは言い切れないでしょう。

本人や介護者にとって、お互いにリフレッシュできる時間はとても大切だと思います。長期間に及ぶ介護疲れを、束の間だけでも癒す”レスパイト入院”を利用する人が増えてきました。”レスパイト入院”とは、高齢者などを介護している家族に、支援者(主に病院)が一定期間介護を代替してリフレッシュしてもらうサービスです。

レスパイト入院の特徴として、介護保険でなく、健康保険が使えるため、個室料などを除いた費用は、ショートステイなどに比べて比較的安く抑えられます。課題として、実施医療機関が少ないこと、数日~2週間程度など利用日数の制限があることなどが挙げられます。

入院給付金の支払対象?

入院給付金のお支払い要件に「疾病の治療を目的とした入院であること」です。”レスパイト入院”は、健康保険が使えるので入院料は算定されます。ただし、あくまで介護をしている家族がリフレッシュするための入院であり、疾病の治療を目的とした入院ではありません。そのため、レスパイト入院は入院給付金はお支払い対象外となります。

入院給付金を受け取るためには?

ただし、”レスパイト入院”をする人は、もともと何かしらの持病を抱えた人が多いです。保険会社に提出する診断書などに、医師が”レスパイト入院”とではなく、例えば”脳梗塞のリハビリ入院”などと記載したとすると、保険会社は”脳梗塞の治療を目的とした入院”と判断し、入院給付金のお支払い対象となります。

お支払可否のポイントは、”疾病の治療を目的とした入院”と、保険会社が判断できるかどうかです。糖尿病の持病がある要介護者のレスパイト入院でしたら、保険会社に提出する診断書の傷病名が”糖尿病治療の入院”であれば入院給付金支払対象、”レスパイト入院”でしたら対象外です。”レスパイト入院”する何かしら既往症がある人は、既往症の入院治療が必要ではないか、医師と事前に相談をしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

1

生命保険や医療保険、がん保険を比較するとき、必ずといっていいほど”保険料”と”保障”を比較、ランキング形式で紹介されています。ネットや雑誌のみならず、複数の保険会社を取り扱う来店型ショップ(ほけんの窓 ...

2

数年来、日本列島各地では夏場の猛暑により、”熱中症”になる方が増えています。「部活動中の中学生が熱中症で病院に搬送」とか、「節約のためにエアコンを我慢した高齢者が、自宅で熱中症になり緊急搬送」など、ニ ...

3

日本人女性の16人に1人が発症するといわれる乳がん。国立がん研究センターによると、乳がんの死亡者数は約13,000人、女性ではがん死亡全体の約9%です(2013年度)。乳がんの罹患数は約72,500人 ...

4

一寸先は闇・・・、何の前触れもなく、突然の不幸に見舞われるのが人生です。 健康はお金では買えませんが、万が一の病気や怪我に備えて、経済的な損失を準備するために”生命保険・医療保険・がん保険”などは存在 ...

5

現代の日本では、3人に1人がんで亡くなっています(年間30万人以上)。また、生涯でがんになる可能性は、男性で2人に1人、女性で3人に1人と推測され、日本人にとって”がんは国民病”といっても過言ではあり ...

-保険金請求(書類・受取人・約款など)

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2017 AllRights Reserved.