保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド

保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ

保険金の時効は3年!保険金請求の時効と告知義務違反の関係は?

更新日:

多くの人にとって保険なんて非日常ですし、保険のことを考えるのはせいぜい年1~2回と思います。中には加入していることさえ、忘れてる人もいらっしゃるかもしれません。だから、せっかく保険に加入しているのに、入院や手術をして保険の請求を忘れていたとしても、無理のないお話かもしれません。

今回は時効と告知義務違反の関係について、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

保険金請求の時効は3年!

保険請求の時効は、保険法第95条で”3年”と定められています。条文に「いつから」との明記はありませんが、「支払事由が発生した日、例えば手術を受けた日、死亡した日など」という解釈が一般的です。これは法律で定められており、保険会社や契約内容によってもすべて同一です。

しかし、多くの保険会社では、契約者保護の観点から、支払事由が発生した日より3年を経過していたとしても、保険金の支払いに応じているケースが多いです。

時効を過ぎた場合、保険金の請求方法は?

①保険会社へ時効を過ぎても請求できるか確認する

⇒多くの保険会社は、善意の失念は受け付けてれます。しかし、約款を厳格運用する保険会社もありますので、まずは問い合わせからですね。

②病院へカルテが保存さているか確認する

⇒カルテの保存期間は原則5年間ですが、病院によっては10年経っても保存している病院もあります。

③医師、もしくは病院へ診断書を記載してもらえるか確認する

⇒大きな病院であれば主治医が転勤したとしても、通常はカルテさえあれば、他の医師が記載してくれます

④個人病院で医師が死亡などにより廃業している場合

⇒カルテさえ保存されていれば、都道府県毎にある医師会が代わりに対応してくれるケースもあります。

保険金請求の時効と告知義務違反の関係は?

保険金請求の時効は支払事由(死亡・入院・手術など)から3年、告知義務違反の期限は責任開始日(≒契約日)から2年です。

保険約款に詳しい人が、保険金を不正取得できるのでしょうか。事例で説明いたします。

胃潰瘍の告知義務違反、保険加入5か月後に胃癌で入院手術をした事例です。責任開始日から2年以内ですので、通常であれば告知義務違反で保険金は支払われません。

①責任開始日(契約日)から、2年経過後5年以内に保険金請求

告知義務違反の期限は責任開始日から2年以内ですが、入院・手術など保険金支払事由があった場合は、5年に延長されます。

ポイントは2年経過しているかどうかではなく、2年以内に支払事由があるかどうかです。ゆえに、告知義務違反で保険金は支払われず、保険契約は解除されます。

②責任開始日(契約日)から、5年経過後に保険金請求

告知義務違反による解除、保険金の不払いはできません。不正請求が明らかな場合、保険会社によって対応が分かれるところです。

時効を主張して保険金を支払わない、もしくは保険金が少ないので目をつぶって支払ってしまうなど、事例毎に保険会社の対応は異なります。

いずれにせよ、告知義務違反による保険金請求は犯罪行為です。時効を主張され保険金不払いになっても、文句は言えないですね。なお、詐欺・無効を主張されない限り、保険契約は継続します。

③告知義務違反が”胃潰瘍”ではなく”胃癌”、がん保険であった場合

がん保険では、がんの告知義務違反は何年たっても無効を主張される保険会社がほとんどです。保険会社の調査は結構厳しいですし、告知義務違反による保険加入はやめておいた方がよいですね。

まとめ

保険請求の時効(3年)を過ぎても、保険金が支払われる可能性は十分にあります。多少手間はかかりますが、保険金請求をしないのはもったいないです。

善意の失念であれば、せっかくの権利ですので、保険金の請求を検討してみてはいかがでしょうか。

-保険金請求(書類・受取人・約款など)
-,

Copyright© 保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド , 2018 All Rights Reserved.