保険サポートガイド

保険で損したくない、保険金を受け取りたいみなさまへ。

「 支払担当者の記事 」 一覧

白血病・転移などに対するリンパ節摘出術/医療保険・手術の支払事情

胃癌ならば「胃」を切除、乳癌は「乳房」を切除、膵臓癌は「膵臓」を切除・・・といったように、”○○がん”に対する手術、がんが発生した部位を直接切除します。 一般的にがん治療は手術療法が最も効果が高いとい ...

放射線(体外・陽子線・重粒子線など)/医療・がん保険の支払事情

乳がんでは乳房全摘や部分切除のあとにがん細胞を死滅させるため、放射線治療が行われるのが一般的です。 乳がん以外でも、転移性脳腫瘍・肝転移、前立腺がん、甲状腺がん、肺がんなど、様々な悪性新生物(がん)対 ...

ぎっくり腰・腰痛症の治療と対策/医療保険の支払・加入の目安

”ぎっくり腰”は”急性腰痛”や”椎間捻挫”とも呼ばれています。 日常生活のちょっとした動作をきっかけに、突然”グキッ”という衝撃があり、腰が強烈な痛みに襲われるものです。 原因は筋肉の疲労・骨格の歪み ...

”野球肘”(トミージョン手術)/医療保険・傷害保険・共済の支払事情

夏の風物詩といえば、花火・七夕・スイカなどいろいろありますが、なんといっても甲子園ですね。 郷土愛・望郷の思いから出身地の高校の活躍に、青春の日々を思い出すひとも少なくないと思います。 毎年のように現 ...

熱中症/医療保険・入院・災害死亡・傷害保険の支払事情

数年来、日本列島各地では夏場の猛暑により、”熱中症”になる方が増えています。 「部活動中の中学生が熱中症で病院に搬送」とか、「節約のためにエアコンを我慢した高齢者が、自宅で熱中症になり緊急搬送」など、 ...

狭心症・心筋梗塞(ステント・造影検査など)/医療保険の支払・加入の目安

狭心症はニトログリセリンによって症状を抑えることができます。 しかしニトログリセリンで症状が治まらないときや心筋梗の場合は、カテーテル(内視鏡)による緊急手術が必要です。 症状の発生後、数時間以内に手 ...

心室中隔欠損症・心房中隔欠損症(先天性・後天性)/医療保険の支払・加入の目安

心室中隔欠損症は、代表的な先天性心疾患のひとつです。 1,000人に3人が発症し、うち約半数は1年以内に自然閉鎖するといわれています。 心房中隔欠損症は、100人に1人といわれています。 幼少期は無症 ...

縦隔腫瘍(胸腺腫など) /医療保険の支払・加入の目安

縦隔腫瘍とは、比較的まれな腫瘍で、両肺の間に位置する部分にできます。 発症年齢は、幼児から高齢者まで幅広く、良性・悪性のいずれもあります。 胸部X線検査やCT検査で偶然発見されるケースがほとんどで、無 ...

脳腫瘍(下垂体腫瘍・髄膜腫・星細胞腫)/ 医療保険の支払・加入の目安

脳腫瘍には、たくさんの種類があります。 下垂体腫瘍、髄膜腫、星細胞腫は、良性の腫瘍です。 今回は、「脳腫瘍(下垂体腫瘍・髄膜腫・星細胞腫)」でお悩みのみなさまへ、医療保険の支払・加入の目安をご紹介いた ...

おひとり様・クリぼっち・生涯独身生活/孤独死の保険金支払事情

「人生最後の時は、愛する家族に看取られたい」 安らかな死を迎えることは、多くの人が願いではないでしょうか。 家族がいない人は、「せめて他人に迷惑をかけないように、畳の上で眠るように天国に旅立ちた」いと ...

病院・診療所、介護療養型医療施設など/医療保険・入院の支払事情

「安心の入院1日目から保障」や「日帰り入院からOK」、「入院1日でも5日分保障」など、入院期間の短期化にともない、最近主流の医療保険は、短期入院から保障を充実させています。 病院は回転率で診療報酬点数 ...

泣きっ面に蜂!夫が若い女性と駆け落ち、がん宣告と負の連鎖!!

3組に1組は離婚しているといわれる現代の日本。 友人・知人でも離婚者が増え、ゲス不倫・熟年離婚という言葉が一般的になるなど、もはや対岸の火事とは言えず、誰しも明日は我が身かもしれません。 結婚は勢いや ...

内縁の妻・事実婚/保険金請求トラブルの解決方法(相続財産管理人)

2015年4月、俳優の愛川欽也が肺がんで亡くなりました。 周知のとおり、愛川欽也さんには任漢香(にん かんか)さんという愛人がおり、晩年は任漢香さんが献身的に看病をしていたそうです。 愛川欽也さんは名 ...

生活保護者・不正受給なめんな!/生命保険&医療の加入・支払事情

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と憲法25条で定められた、世界でも有数の社会福祉国家である我が日本。病気や怪我などで働くことができず、経済的に困窮する人々を救う大切な制 ...

保険金受取人が認知症で請求できない事例/代筆請求・成年後見人

4人に1人が65歳以上となり、超高齢化社会を迎えた日本。 1,400兆円といわれる個人金融資産の6割を占めるのも、高齢者の方々です。 この大切な資産を少しでも多く子や孫に残してあげたいとの親心から、一 ...

Copyright© 保険サポートガイド , 2018 All Rights Reserved.